広告

【リングドリーム】RISING BLACKHEART 2試合目 スペシャル小原 VS KATON

f:id:LITTLEWING:20180622224136j:plain

「RISING BLACKHEART」2試合目は多摩女興行のメインイベント。

KOM選手権試合が初めて東女以外のリングで行われます。

その多摩女の社長であり、KOM王者であるスペシャル小原。

彼女からKOMのベルトを奪い返し、東女へ持って帰らんと

KATONが挑みかかります。

 

f:id:LITTLEWING:20180622224618j:plain

f:id:LITTLEWING:20180622224624j:plain

多摩女では、東女やFWWWのように煽りVを撮ったりはしませんので

試合前の控え室で会話を交わす2人。

元から、初防衛戦は多摩女でやるつもりだったKATONとしては

例を言われるようなことじゃないのだけれど

日程の前倒しをのんでもらった事もあって、

小原としては礼を言わずにはいられないようで。

もっとも、その前倒しの割を食った形となったのは羽左間なんですけどねw

KATONとまずは挑戦者決定戦をやるはずだったのが

その時間がなくなってしまったので、結局KATONが挑む事に。

f:id:LITTLEWING:20180622224647j:plain

f:id:LITTLEWING:20180622224654j:plain

なので、KATONがベルトを獲ったら

その最初の挑戦者に羽左間を指名すると約束して

ようやく折れてくれたわけなんですが

ここで小原、レスラーらしく煽ってきてくれます。

f:id:LITTLEWING:20180622224659j:plain

しかしそこはKATONも負けじと応酬。

更に、もし負けても女神杯辞退とかしないでくださいよ?

としっかり釘を刺してきます。

f:id:LITTLEWING:20180622224705j:plain

f:id:LITTLEWING:20180622224716j:plain

KOMで負けた小原が女神杯で活躍!

ということになれば、相対的に自分の株が上がるのだからと

前哨戦ではKATONの方にやや分があり?

 

そんな、KOMの試合前としては珍しく饒舌だった2人ですが

試合ではもちろん肉体言語がモノを言います。

きっと、肉体と肉体のぶつかり合いによる激しい攻防が・・・

と思いきや、最初から最後まで7-0というまさかのワンサイドゲームに。

話の展開的に、小原さんの方が有利だろうとは思っていましたけど

よもやここまでとは・・・(^^;;

 

ともあれ、小原さんはKOMを初防衛。

更に小原さんだけじゃないところも納沙布達に見せる事が出来て

多摩女的には今回の興行、大成功だったんじゃないでしょうか。