広告

【リングドリーム】ファイティング・オールナイト

f:id:LITTLEWING:20180619211107j:plain

f:id:LITTLEWING:20180619211113j:plain

f:id:LITTLEWING:20180619211118j:plain

さわりと咲川が心配しているのは、もちろん千鶴のこと。

シュバルツのパートナーとして認めてもらうため

本気でぶつかってみると言っていた千鶴。

その後、2人からは何の連絡も無いため心配に・・・。

更に調べてみたところ、

千鶴は家にも帰っていない事が分かってますます心配に。

 

f:id:LITTLEWING:20180619212033j:plain

f:id:LITTLEWING:20180619212039j:plain

そこへ勢いよくあらわれたシュバルツ。

開口一番、千鶴の事が気に入ったと告げ、

千鶴の望み通り、タッグを組む事に決めたのだとか。

f:id:LITTLEWING:20180619212305j:plain

もちろん、霧島と比べれば一段落ちはするけれど

将来性を含めたら十二分に合格とのことで

今後は埋もれさせる事なく、

シュバルツがパートナーとしてバッチリ引き上げると約束。

咲川にしてみれば、望んだ結果とはいえ

手強いライバルチーム誕生の手助けをしてしまったのかも?

 

ちなみにその千鶴は今どこにいるのかというと

実はシュバルツの家で痛みにうなされているんだとかw

というのも、冒頭でも説明した通り

本気でシュバルツにぶつかっていった千鶴。

ですが

f:id:LITTLEWING:20180619212804j:plain

f:id:LITTLEWING:20180619212814j:plain

f:id:LITTLEWING:20180619212820j:plain

1.ぶっとばす(千鶴気を失う)

2.水をかけて目を覚まさせる

3.まだやる?

これを延々と、一晩中繰り返したのだとか・・・。

普通なら、気を失うような攻撃を繰り返せば心が折れるというもの。

しかし千鶴は折れなかった。

何度ぶっとばされても、シュバルツに襲いかかる千鶴。

しかも、次第に本能が研ぎ澄まされていき、殺気も増して

f:id:LITTLEWING:20180619213304j:plain

f:id:LITTLEWING:20180619213309j:plain

f:id:LITTLEWING:20180619213314j:plain

f:id:LITTLEWING:20180619213452j:plain

最後には、シュバルツの喉笛を食いちぎらんと飛びかかってきたほどで

これにはさすがのシュバルツもゾッとさせられたとか。

そりゃあ咲川、さわりも言葉を失うってもんです。

f:id:LITTLEWING:20180619213603j:plain

f:id:LITTLEWING:20180619213609j:plain

しかし、シュバルツからすればそれがむしろ

千鶴を気に入る要因となったわけで

借りるどころかそのままもらい受けてもいい、

というくらいにはパートナーとして期待しているようで

これはタッグ結成後の第一戦、楽しみになってきました。

 

それにしてもアレですね。

ナイアガラロックがタッグ王者となった頃は

まだ石狩1人だけだったのでさほど意識しませんでしたが

今ではメアリ、ぽひがそれぞれの団体でタッグ王者に。

千鶴もシュバルツというパートナーを得て

ようやくベルトを意識できるように。

他にも、さわりや赤城といった若手より少し上の世代が

タッグとはいえベルトに絡むようになってきたのを見ると、

時代の節目にさしかかっているのかなと思わずにはいられません。

とはいえ、上の連中だってまだまだ負けてはいられませんからねw

今後のタッグ戦線、ますます面白くなりそうです。