広告

【リングドリーム】あがる霧島への警戒度

f:id:LITTLEWING:20180617153508j:plain

f:id:LITTLEWING:20180617153513j:plain

f:id:LITTLEWING:20180617153519j:plain

霧島との対戦の優先権を賭けた代理試合。

予想外の接戦を制したのは、綾部の「ニャーマンスープレックス」。

これにより、次に霧島と戦うのは聖光院に決定。

本来なら綾部、ヘカトンが自ら挑みたいところでしょうけども

今の自分達では到底勝てないからと、すべてを聖光院に託します。

 

f:id:LITTLEWING:20180617153840j:plain

霧島と戦う順番については、実のところどうでもよかった聖光院ですが

自分のためにその優先権を仲間が勝ち取ってきてくれたのなら

その気持ちに応えないわけにはいきません。

堂々とナイトメアナンバー2を名乗るためというのはもちろんですが

もう一つ・・・意外な理由が聖光院の口から告げられます。

それは

f:id:LITTLEWING:20180617154204j:plain

雪女のベルトに挑戦したいから。

つい最近まではそんな気は全くなかったという聖光院。

では、何が彼女の気持ちを変えたのか?

それは先日のメインであったタッグタイトルマッチ。

仲間同士でベルトを争い、会場を盛り上げるその姿に

羨ましい、ああいう試合を私もやりたい、

そんな風に思ってしまったのだとか。

 

もちろん、そのためにはまず霧島という外敵に勝利することが必須条件。

f:id:LITTLEWING:20180617154541j:plain

そこで、元からのナイトメアメンバーは東女出身ということもあって

赤鬼に「霧島がどんなレスラーか」を聴いてみる事に。

とはいえ、特に親しかったわけでもなく、

当時はまだ若手だった赤鬼からすれば

雪女よりもキャリアが上の霧島はそれこそ雲の上の人。

よく分からない、というのが正直なところなんですが

f:id:LITTLEWING:20180617154851j:plain

f:id:LITTLEWING:20180617154901j:plain

f:id:LITTLEWING:20180617154910j:plain

その「ヤバイ」はきっと違う意味だと思いますw

f:id:LITTLEWING:20180617154937j:plain

そして、聖光院が誤解しているのがわかっていても

あえて訂正はしない赤鬼さんw

 

そんな昔から過激(笑)な霧島について、

気になる情報が東女寮にいる小天狗からもたらされました。

f:id:LITTLEWING:20180617155135j:plain

f:id:LITTLEWING:20180617155141j:plain

なんでも、何日かに1度くらいのペースで出かけていき、

決まってボロボロの姿で帰ってくるのだとか。

先日にいたっては、1人でまともに歩く事も出来ず、

さわりの肩を借りて帰ってきたのだとか。

それ・・・プロレスの特訓やないんやでー(^^;;

しかし、そんな事情を知らない聖光院。

そこまで自分を追い込むのかと霧島に対する警戒度を引き上げます。

f:id:LITTLEWING:20180617155529j:plain

f:id:LITTLEWING:20180617155535j:plain

そんな聖光院の様子から、

小天狗に頼んで、もっと詳しく探ってもらおうとする赤鬼ですが

それは聖光院が止めます。

胸を張って雪女に挑みたいから、自分に誇れる勝ち方をしたいと。

そんな感じで、気合いを入れ直す聖光院だったわけですが

 

その実情は・・・家事の特訓してただけですからね!w