広告

【リングドリーム】Invasion the 2nd 卯月メイ東女入団試験

f:id:LITTLEWING:20180607214757j:plain

チャレンジマッチイベント「Invasion the 2nd」が始まりました。

以前のチャレンジマッチから大きく変わったなと思うのは

扱うのが試合の勝ち負けとは限らないこと。

今回でいうと、実際に試合するのは最後の神崎VSヴァンプのみで

それ以外はなにがしかの試みが成功するか否か?

を決める形となっています。

この成否によって今後の展開が変わっていくわけですね。

 

で、その最初の分岐点となるのは・・・

メイちゃんが東女の入団試験に合格するか否か?

 

f:id:LITTLEWING:20180607212546j:plain

f:id:LITTLEWING:20180607212553j:plain

f:id:LITTLEWING:20180607212600j:plain

f:id:LITTLEWING:20180607212606j:plain

試験を目前にして緊張するメイちゃん。

そんなメイちゃんにプレッシャーをかける涼、茉理の2人。

でもこのやりとり・・・実は2度目なんですよね(^^;;

f:id:LITTLEWING:20180607212920j:plain

f:id:LITTLEWING:20180607212925j:plain

先週、試験が延期になったとは知らずに会場まで行ってしまったという・・・(^^;;

そして、パーティー会場まで予約していたために

合格祝いでも残念会でもないよくわけのわからないパーティーをやる羽目にw

f:id:LITTLEWING:20180607213531j:plain

f:id:LITTLEWING:20180607213537j:plain

f:id:LITTLEWING:20180607213542j:plain

それだけに、今度こそは合格祝いのパーティーをやるんだ!

と、当事者以上にやる気満々?の茉理

 

f:id:LITTLEWING:20180607213711j:plain

そして最終試験会場。

今回の合格枠は最大で2人。

そして審査員は

f:id:LITTLEWING:20180607213957j:plain

f:id:LITTLEWING:20180607214002j:plain

f:id:LITTLEWING:20180607214008j:plain

南城さんが嫌な予感しかしないんですがこれはww

案の定、過去にはアピールタイムに歌を歌った子に

「ここで披露するという事は、自分では上手いと思っているということですよね?」

「そのような勘違いをして恥ずかしくないのですか?」

「周囲に貴女の思い上がりをただしてくれる友人はいなかったのですか?」

と一・刀・両・断!

f:id:LITTLEWING:20180607214324j:plain

しかし、当の南城はご覧の通り気にするそぶりすら全くなし。

f:id:LITTLEWING:20180607214421j:plain

f:id:LITTLEWING:20180607214430j:plain

それを「南城だから」の一言で済ませられてしまうのが・・・w

でも、そんな南城とわかっているのに

審査員として送り込んでるんですから

どう考えても会社も意図的なわけでw

 

f:id:LITTLEWING:20180607214512j:plain

f:id:LITTLEWING:20180607214517j:plain

そして、そんな南城に泣かされた子らを

後でこっそりえり子がフォローしていたという事実。

かつては、気に入らなければ先輩だろうと構わずに

殴りかかっていた「火の玉娘」が成長したものだと

しみじみ語り出す組長。

そしてえり子に惚れる子がまた一人増えるというわけですね!

 

そんな審査員達の前で行われた入団試験。

その結果は・・・

f:id:LITTLEWING:20180609140313j:plain

見事、全PFで120%を大きく越えての合格!

これで「逸材」としての期待をかけられ、相応の優遇を受けるわけですね。

まあ・・・約半年前には不合格だった子が

こいつは逸材だ!とか言われるのには違和感なくもないですが

きっとこの半年の間に飛躍的に力が伸びたんでしょうってことで

何はともあれ東女への入団試験合格おめでとうございます!