広告

【リングドリーム】スペシャルワンマッチ 幻想診察 VS アンデット・パッケージ

f:id:LITTLEWING:20180602132925p:plain

今回のスペシャルワンマッチは

小田藤、サクリファイ子組「幻想診察」と

Yui、マミー組「アンデット・パッケージ」の試合となります。

 

小田藤達は、霧島が負けた後の事を考えて

今のうちに実績を作っておこうとターゲットに選んだのが

その霧島と手を組んだアンデット・パッケージ。

アンデット・パッケージとしても、

霧島と手を組んでからは初めての試合となりますが果たして・・・?

 

f:id:LITTLEWING:20180602223129j:plain

f:id:LITTLEWING:20180602223136j:plain

f:id:LITTLEWING:20180602223142j:plain

f:id:LITTLEWING:20180602223152j:plain

と思いきや、まずはレジスタンスVSナイトメアの話から。

霧島への最初の刺客、笠松では彼女を食い止めることが出来なかったため

次なる刺客を用意することになったわけですが

その候補として挙がったのが、岸田と聖光院。

 

当人同士で順番を決めれば良さそうなものですが

霧島にぶつけられる人材が限られている以上、

その霧島にぶつける前に消耗させたくはないという思惑から

それぞれ代理人を立てて優先権を勝ち取ってもらおうという話に。

f:id:LITTLEWING:20180602223718j:plain

f:id:LITTLEWING:20180602223726j:plain

それを聞いた殺人蜂とエレナは、レジスタンスの一員として快く承諾。

 

笠松が手痛い一敗を喫し、

更には御門からの襲撃まで受けたレジスタンス。

しかし

襲撃の因縁から成立したタッグマッチでは

王牙が山崎を見事マットに沈め、

御門達の出鼻をくじくことに成功。

嫌なムードになりつつあったレジスタンスが

逆に勢いを取り戻すきっかけとなりました。

そこで、その勢いを更に加速させるため

f:id:LITTLEWING:20180602224433j:plain

今回、小田藤とサクリファイ子がYuiとマミーに勝負を挑むことに。

ここで勝てば、味方の少ない霧島をも追い詰めることとなるので

レジスタンスとしてはこの試合を確実に獲って、

更にはエレナ、殺人蜂組が勝つことで

岸田を最高の状態で霧島の前に送り出したいわけですが・・・

 

しかしそうそううまく事が運ぶとは限らず、

幻想診察 VS アンデット・パッケージの試合は

アンデット・パッケージが一方的に優勢な展開に。

そしてそのまま・・・何の動きもないままに

7-0でアンデット・パッケージ勝利。

アンデット・パッケージがここのところ追い詰められていた感はあったので

今回はサポートしてくれる人多いのでは?とは思いましたが

よもやここまで一方的になろうとは思いませんでした(^^;;

 

f:id:LITTLEWING:20180617153340p:plain

ただまあ、抗争を盛り上げるという意味では

敵に簡単に潰れてもらっても困りますからね。

霧島+アンデット・パッケージの戦いはまだ始まったばかりなのですから。