広告

聖闘士星矢NEXT DIMENSION 冥王神話 12巻

 いつ出るのか?いつ出るのか?とずっと焦らされていた

13番目の黄金聖闘士、蛇遣座のオデッセウスがついに

12巻目にして登場しました。

 

蛇夫宮復活と共に、サンクチュアリ全土を襲う謎の現象。

それは、全ての者を回復させると共に

深い眠りへと誘うというもの。

 

 

そんな中、ついに復活したオデッセウスは白羊宮に。

シオンの眠りを解いた上で、

自分につくか、アテナを守るかを問いますが

シオンの答えは当然「アテナを守る」。

クリスタルウォールでオデッセウスを阻止しようとするものの

一瞬でかき消されたどころか

再度深い眠りへと誘われ、シオン為す術無し。

 

金牛宮でもそれは変わらず、

オックスはかつてオデッセウスが治したという

「過去の痛み」を蘇らせられ、

それでも屈しないと分かればまた眠らされ・・・と

「攻撃はしない」というオデッセウス

手も足も出ない黄金聖闘士達。

 

しかし、双児宮はそう簡単には・・・と思いきや

主人格ではないアベルの方がオデッセウスと手を組んで

サンクチュアリを支配しようと提案。

アテナを亡き者にしようというのであれば、

アベルの提案は悪くはないように思えたのですが

それをオデッセウスは一蹴。

カインの肉体はそのままに、

アベルの精神だけを取り除く「オペ」を執行。

そして、完全に1人となったカインに対し、

自分につくか否かという同じ質問を。

当然ここでも戦闘に。

双子座最大の奥義、ギャラクシアンエクスプロージョンを繰り出すカイン。

それを受けたオデッセウスは・・・?!

 

といった感じの12巻でしたが

最も印象に残っているのはとにかくこれ。

 

オデッセウス、アイシャドウきついよ!w

そこから連想したキャラで、

北斗の拳のユダとか

ダンクーガのシャピロとかありましたけど、

私はパタリロのバンコランを連想しました。

 

それはさておき、

回想でのオデッセウスよりも妙に女っぽく見えるのは、

やはりシャイナさんも関係してるんでしょうか?

シャイナさんの身体にオデッセウスの魂が乗り移ってるとか?

 

あと、アテナを殺そうとしてる割には

黄金聖闘士を傷つけようとしないし、

アベルとも手を組まなかったしと

どうにも行動が不可解なオデッセウス

本当にオデッセウスの目的は、アテナ抹殺なのか??