広告

【リングドリーム】RISING MEMORIAL 2試合目 冬崎ヤマト VS 飯田知世子

f:id:LITTLEWING:20180511214159j:plain

「RISING MEMORIAL」2試合目からは東女の興行に。

ヤンドラ杯決勝トーナメントもいよいよ準決勝。

その第一試合では 冬崎ヤマトと飯田知世子が

決勝のイスを巡って戦います。

 

青コーナー 飯田知世子

f:id:LITTLEWING:20180511214552j:plain

f:id:LITTLEWING:20180511214559j:plain

初めてのヤンドラ杯参戦でベスト4進出。

そんな戦果に驚きを隠せない飯田。

ここまでこれただけでも上出来、もう満足、

最初はそう思っていた飯田ですが・・・

f:id:LITTLEWING:20180511215055j:plain

f:id:LITTLEWING:20180511215103j:plain

f:id:LITTLEWING:20180511215109j:plain

人間の欲についての話を持ち出すまでも無く、

レスラーである以上はやはり、上を目指したいものでしょう。

それが、普段はほんわかした雰囲気の飯田でも、

ここまで来たら優勝を狙いたいとハッキリ口にします。

f:id:LITTLEWING:20180511215455j:plain

f:id:LITTLEWING:20180511215506j:plain

更には、今回冬崎に勝つことで「先輩越え」も果たしたいと、

なかなかどうして、冬崎を煽ってくるじゃないですか。

(そんなつもりはないのかもしれませんが)

 

赤コーナー 冬崎ヤマト

f:id:LITTLEWING:20180511215632j:plain

f:id:LITTLEWING:20180511215637j:plain

そして、その言葉にまんまと乗せられる冬崎さんw

もちろん、飯田の言葉を挑発だと認識した上の事なので

先輩として受けて立つ!くらいの気持ちなのかもしれませんが。

f:id:LITTLEWING:20180511215928j:plain

f:id:LITTLEWING:20180503211658j:plain

あ・・・(察し

 

f:id:LITTLEWING:20180511215935j:plain

f:id:LITTLEWING:20180511215943j:plain

f:id:LITTLEWING:20180511215950j:plain

f:id:LITTLEWING:20180511215958j:plain

ざくろのアドバイスから、

物事をポジティブに考えるようになったのはいいんですけど

試合のシミュレーション云々って話になると、

冬崎の考えていなかった手で来られると

途端にぼろが出そうで怖いんですけど・・・(^^;;

 

解説および試合

コメンテーターは、冬崎と同じ凶獣の校条。

心情的には冬崎を応援したいところですが

f:id:LITTLEWING:20180511221023j:plain

 身体能力や技術については、そこまで両者に差はないと思うのですが

レスラーとしてではなく

人間としてのキャリアは飯田の方が上であるため

校条曰く「割としたたか」だという飯田に

冬崎が翻弄されるのでは無いか?

そんな展開を校条は心配しているようで。

f:id:LITTLEWING:20180511221323j:plain

f:id:LITTLEWING:20180511221331j:plain

f:id:LITTLEWING:20180511221337j:plain

しかし、そんな校条のコメントに噛みついたのが冬崎。

レスラーとしては確かに冬崎の方が先輩なんですが、

人生の先輩は飯田のほうなんですよね。

「お姉さん」ぶりたいお年頃の冬崎としては

その点を完全に失念していたようで(^^;;

結局、「先輩代表の意地を見せる」ということで

ようやく気持ちを切り替えられた冬崎。

試合でそれを実際に見せることが出来るのか?

 

・・・さすがに厳しかったらしい(^^;;

 ゲソてんのみは序盤から冬崎がリードしますが

それ以外は完全に飯田ペース。

結局試合が大きく動く事は無く、最後まで6-1のままで飯田が勝利。

決勝のイス、まずは飯田がゲットしました。