広告

【リングドリーム】最強決定戦は24名トーナメント戦

f:id:LITTLEWING:20180502215601j:plain

f:id:LITTLEWING:20180502215607j:plain

f:id:LITTLEWING:20180502215613j:plain

最強決定戦を企画したのはソニックですが、

当の本人も参加者であるため

出場を辞退した一ノ瀬に社長が

「なら、中立の立場で仕切れるな」と一言w

結局、一ノ瀬が仕切ることとなりました。

(白面さんが残っていたら、丸投げされてたかもしれませんが・・・w)

 

f:id:LITTLEWING:20180502215917j:plain

f:id:LITTLEWING:20180502215925j:plain

で、まずは大会形式について。

ソニックは出来ればリーグ戦をやりたかったようですが

さすがにそれは現実的ではないということで

結局トーナメント方式に落ち着くことに。

今の所、参加者24名の予定なので

シード8名の1回戦8試合、2回戦8試合というずいぶんと濃い内容に。

ただ問題は・・・

f:id:LITTLEWING:20180502220557j:plain

f:id:LITTLEWING:20180502220603j:plain

そう、1興行で8試合行うとなると

7連戦イベントでは収まりきらないんですよね。

7連戦中にスペシャルワンマッチ?・・・いやいや(^^;;

そこは社長とも相談ということで後回しに。

 

f:id:LITTLEWING:20180502221530j:plain

f:id:LITTLEWING:20180502221536j:plain

次に、誰にシード権を与えるか?

まあ、現王者であるソニックは言うまでもなく。

(本人は第1試合に出たかったらしく不満なようですが・・・)

あとは、元・無差別級王者である菊池、シュバルツも。

そういう意味では麗もなんですが

直近のタイトル戦で2連敗という結果を加味して

シード権は与えられないことに。

代わりにというわけではないですが、神崎VSヴァンプが

それ自体が1回戦のようなものだから

その勝者にはシード権が与えられることに。

残り4枠については追々・・・。

 

f:id:LITTLEWING:20180502221652j:plain

f:id:LITTLEWING:20180502221701j:plain

f:id:LITTLEWING:20180502221712j:plain

しかし、仕切りを負かされたはずの一ノ瀬は

既にもう丸投げする気満々。

こんな仕切りで大丈夫か?w

 

ちなみに、参加者24名と先ほど述べましたが

現状確定しているのは

ソニック、菊池、麗、シュバルツ

野々村、友野、南城、姫小路、滝沢、咲川、吉井、ディアナ、ルシフェル

加藤、山口、片倉、一箭、赤井、紅蓮、あかり

勇子、円陣

そして、神崎VSヴァンプの勝者、計23名。

実はあと1名がまだ決まっていません。

ここに日高を!と期待する古くからのファンもいそうですが

社長の希望としては「出来たら東女外から」とのこと。

とはいえ、東女外で真っ先に思い浮かぶ選手といったら

大抵の人は小原さんなんじゃないでしょうか?

霧島にワンパンで沈められた鯖とかは問題外ですしねぇ・・・。

沖プロの真栄田とか、再登場して欲しいレスラーではありますが

最強決定戦に出られるような実力はおそらくないでしょうし。

実力的には実際どうだったのか、

結局わからなかったゼットンなんかもいますけど

再登場はないんだろうなぁ・・・。

まあ、実力がハッキリしてるという事だと

RLoWのブリュンヒルデ

WOR;LDのレイラ・フェニックス(ブラウザ版では未登場)がいますけど

こちらはこちらで、アメリカの両団体が

許可してくれるかって問題がありますからね。

 

最強決定戦最後の1枠・・・果たして誰の名前がそこに書き加えられるのか?