広告

【リングドリーム】ベッキー試合中の出来事

f:id:LITTLEWING:20180430131539j:plain

f:id:LITTLEWING:20180430131546j:plain

5月の興行でのカードについて、ヴァンプに相談に来たという檸檬と雪女。

霧島の電撃参戦が既に決定していることもあって

それなりのインパクトを与えられはするのでしょうが

出来ればもう1枚、インパクトのあるカードが欲しいと。

そこで、シングルかタッグ、

いずれかのタイトル戦を行えないかと考えたわけですが・・・

 

f:id:LITTLEWING:20180430132134j:plain

f:id:LITTLEWING:20180430132139j:plain

まずシングルに関しては、現王者である雪女が反対。

最強決定戦に出ない挑戦者とのタイトルマッチでは

このタイミングだとどうしても軽く見られるだろうと。

f:id:LITTLEWING:20180430132746j:plain

f:id:LITTLEWING:20180430132753j:plain

f:id:LITTLEWING:20180430132758j:plain

ならば、最強決定戦に出る勇子か円陣とやれば

軽く見られることは確かにないだろうけども

その場合、タイトルを獲れなかった形で

最強決定戦に送り出すのもどうなのかと

雪女が自信満々に言うため、これも却下。

あと、霧島を倒した選手が挑戦者に・・・という案もあったのだけれど

次の興行で霧島が初参戦となるため、これはタイミング的に不可能。

 

となると、ここはタッグで・・・ということになるわけですが

f:id:LITTLEWING:20180430133852j:plain

f:id:LITTLEWING:20180430133859j:plain

現王者、ブレイブゴーストの一人である勇子はむしろ乗り気ということで

じゃあ誰を挑戦者に持ってくるか?それが問題です。

雪女は、今のFWWWの状況で

ベルトが自分に集中する可能性がある事に否定的であることと、

山崎とのタッグで負けていることもあって今回は参戦せず。

f:id:LITTLEWING:20180430134501j:plain

f:id:LITTLEWING:20180430134506j:plain

対戦相手の希望はあるかとの檸檬の問いに

檸檬さんが来ても良いですよ?」と返す勇子。

もちろん冗談とかではなく

対兎澤戦を見た上での判断で

「パートナーさえ揃えてくれれば」と。

まあ、そのパートナーが一番の問題なんでしょうけどねw

あと、実績不足については誰の目にも明らかなので、

今回は檸檬も参戦せず、と。

f:id:LITTLEWING:20180430135216j:plain

f:id:LITTLEWING:20180430135222j:plain

2人がリング上でイチャイチャ出来る日が果たして来るのかどうか・・・w

 

しかしこうなると

節分☆気分、光学騎士、アンデットパッケージ

あたりがタッグチームとしては定番になるんですが 

FWWWタッグタイトルマッチ
ブレイブゴースト VS アンデット・パッケージ 後日談  
雪女、山崎組 VS 勇子、ぽひ組 後日談  
岸田・円陣組 VS 雪女・山崎組 後日談 後日談2
青鬼・赤鬼組VS円陣・岸田組 後日談  

どのチームも1度はタッグタイトル戦に絡んでいるんですよね。

説得力があって、なおかつ新しい組み合わせが欲しい

という檸檬の要望が如何に難しいか。

 

しかし、そこで思わぬ「鶴の一声」が。

 

f:id:LITTLEWING:20180430135619j:plain

f:id:LITTLEWING:20180430135627j:plain

f:id:LITTLEWING:20180430135635j:plain

f:id:LITTLEWING:20180430135641j:plain

ベッキーが試合している合間に

ヴァンプ、ベッキー組でタッグタイトルに挑戦することが決定w

振り回されるベッキーには気の毒ですが、

まさかの身内同士でのタイトル戦となりました。

一応、バランスを考慮して塩味ではなくベッキーを選んだようですが

リング上でもヴァンプのサポートをこなすことが出来るのか?

あと、タッグとはいえ

ヴァンプとぽひの対決というのも興味深いですよね。

 

なんだかんだいいつつも、面白そうなカードが組めたのではないでしょうか。