広告

【リングドリーム】スペシャルワンマッチ 山崎フランケン VS グレムリン御門

f:id:LITTLEWING:20180421153852p:plain

今回のスペシャルワンマッチは、珍しくナイトメア同士の対決に。

山崎フランケン VS グレムリン御門 となります。

 

f:id:LITTLEWING:20180421154236j:plain

f:id:LITTLEWING:20180421154242j:plain

身体を壊していた状態から、今年ようやく復帰した御門ですが

そのファイトスタイルは相変わらず。

ゴング前からの急襲はデフォ、

凶器乱舞に場外乱闘、更には豪徳寺ばりの自爆技、

決着後も相手につっかかっての泥仕合っぷり。

さすがに青鬼も心配になって忠告するんですが

当の御門は改める様子は全くなし。

f:id:LITTLEWING:20180421154721j:plain

f:id:LITTLEWING:20180421154726j:plain

f:id:LITTLEWING:20180421154731j:plain

そんな御門を止めるため、

今回の試合で負けた方が約束を守るという条件を山崎が提案。

そして御門に守ってもらう条件というのが

「身体に負担の大きい技の使用を控える」

というもの。

本当なら「控える」のではなく「封印」してほしいところなんだけど

それはさすがに守れないからと、

守れる範囲でしか約束はしないと御門が言うために

「控える」で落ち着いたもよう。

 

で、山崎も負けた場合には当然約束を果たさねばならないわけですが

その約束というのが・・・

f:id:LITTLEWING:20180421155357j:plain

f:id:LITTLEWING:20180421155408j:plain

御門のパートナーとして、凶器乱舞の試合につきあうというもの。

器用な山崎としては、ラフプレイもやろうと思えば出来るそうで

そこは誰も心配していないのだけれど

その場合、ナイトメアの調整役をこなせなくなるため

赤鬼、青鬼にしわ寄せが行くことに。

f:id:LITTLEWING:20180421155649j:plain

赤鬼としては、御門のわがままで山崎を取られたくはないようですが

山崎さん、気がつけばナイトメア内でも重要なポジションにいるというか。

そんな山崎自身の見立てでは、

山崎が勝てばこれまで通りで

雪女がレジスタンス四天王の攻略戦について話していたので

そちらに絡んでいく可能性が高そう。

しかし、御門が勝った場合となると・・・

f:id:LITTLEWING:20180421160253j:plain

何とも不吉な予想を・・・(^^;;

 

そんな両者の戦いは、予想以上の互角の勝負に。

PF別の星数では、ヤバゲ、mixi、ハンゲでリードする山崎が優勢ですが

ニコでの御門のリードが半端なく、トータルでは御門優勢という状況。

これがしばらく続くのですが

終盤ついに山崎が試合を動かします。

ゲソてんを逆転しただけではく、トータルptでも御門を上回り6-1に。

しかし、ここから更に御門の反撃が。

残りはもう30分もないという段階でゲソてん再逆転。

そして残り10分を切ったところでついにトータルptも!

負けじと山崎も再追撃を図りますが・・・

結果は

f:id:LITTLEWING:20180422140056j:plain

f:id:LITTLEWING:20180426205546p:plain

3-4のままで御門の勝利!

トータルptを見てもらえば分かりますが

たった!たったの50,119pt差!

誰か一人の行動が少し違っただけでも勝敗は変わっていたのでは?

といえるほどの僅差の勝負でした。

 

これで、山崎は御門と組んで文字通り「暴れまくる」ことになったわけですが

ここまでの好勝負を展開した2人のタッグなら

どうなっていくのか見てみたいという気持ちに。

個人的には、かつての尾崎、KAORU組のような

それぞれの持ち味を生かした凶器

(尾崎:チェーンを用いての裏拳

 KAORU:机の破片を持った状態でのムーンサルト、みたいなの)

に期待したいですね。