広告

【リングドリーム】SEVEN DAYS STRIKE 2試合目 与那覇久遠 VS ティフィ青山

f:id:LITTLEWING:20180407155918j:plain

「SEVEN DAYS STRIKE」2試合目はヤンドラ杯決勝トーナメント1回戦。

既に先月の興行で準決勝へとコマを進めている飯田、冬崎に続いて

3つめの椅子を確保出来るのは与那覇久遠か?

それともティフィ青山か?

 

青コーナー ティフィ青山

f:id:LITTLEWING:20180407163131j:plain

f:id:LITTLEWING:20180407163137j:plain

今回のキャリア最年長が冬崎であることは何度か触れられていますが

青山も2番目のキャリア。

この世代では、たとえ1年の差でも大きな差となるので

先輩の力を見せつけたいところ。

f:id:LITTLEWING:20180407163213j:plain

f:id:LITTLEWING:20180407163219j:plain

f:id:LITTLEWING:20180407163223j:plain

f:id:LITTLEWING:20180407163228j:plain

そんな青山が得意とするのは投げ技。

相手の与那覇は関節技を得意とするため

組み合ってからが勝負だとみているわけですが

「上手く踊りあかせたら」と独特な言い回しで表現する青山。

 

赤コーナー 与那覇久遠

f:id:LITTLEWING:20180407163923j:plain

f:id:LITTLEWING:20180407163934j:plain

先ほどキャリアの話が出ましたが、

那覇は今回の出場選手の中ではなんと最年少。

そういった意味では、与那覇が不利であることは否めません。

f:id:LITTLEWING:20180407163939j:plain

f:id:LITTLEWING:20180407163945j:plain

f:id:LITTLEWING:20180407163950j:plain

f:id:LITTLEWING:20180407163955j:plain

しかしそこは滝沢組の一員らしく

うまい言い回しも特にせず、ただ実直に

これまで培ってきた技術を尽くすとのみ。

あとは結果を出す事で、その評価を覆してみせるとでも言わんばかり。

 

解説および試合

コメンテーターは神楽坂。

前の試合でコメントしたアナと同じ理由で出番が回ってきたわけですが

f:id:LITTLEWING:20180407164835j:plain

f:id:LITTLEWING:20180407164842j:plain

f:id:LITTLEWING:20180407164848j:plain

選手2人が話していた内容をそのまま言ってしまうという駄目っぷり(^^;;

 だったらとここは開き直って与那覇の応援に変更。

正直、青山とはあまり絡みがないこともあってよく知らないのと、

那覇とは寮でも一緒なことから

普通に解説しようとしても、与那覇寄りになってしまうだろうと。

それに青山は、アナの仇でもあるので

心情的にはやはり与那覇に頑張って欲しいのだとか。

f:id:LITTLEWING:20180407165404j:plain

f:id:LITTLEWING:20180407165411j:plain

f:id:LITTLEWING:20180407165416j:plain

f:id:LITTLEWING:20180407165421j:plain

それは大丈夫とは言わないw

結局グダグダなままコメント終了して

f:id:LITTLEWING:20180407165522j:plain

f:id:LITTLEWING:20180407165527j:plain

f:id:LITTLEWING:20180407165532j:plain

コメント終了後、アナに慰められる神楽坂の姿が・・・w

まあ、あれですね。

エルシャダイネタを続けるなら

「ああ、やっぱり今回も駄目だったよ」

といったところですか(^^;;

そんな神楽坂はさておき、試合の方は青山ペースで進みます。

っていうか、ほとんどの時間帯が7-0というワンサイド状態。

それでも何とか一矢報いようとmixi勢が奮闘。

終了ギリギリにmixiのみ逆転に成功して6-1で終了。

寝技に持って行きたかった与那覇をそのままぶっこ抜いた感?

 

ともあれ、最年長組として冬崎と決勝で当たりたい

と言っていた青山の願望まであと1歩というところに。

しかし、今回は危なげなく勝利した青山も

準決勝では同じように行くとは限らないし、

冬崎の方も優勝候補・飯田が相手ですからね。

 

青山が望む決勝戦、果たして実現できるのか?