広告

【リングドリーム】滝沢組全面バックアップ(ただし1名隔離)

f:id:LITTLEWING:20180402210435j:plain

f:id:LITTLEWING:20180402210446j:plain

ヤンドラ杯決勝トーナメントにて

ティフィ青山との試合が間近に迫っている与那覇

この試合に向けて仕上げてきたというだけあって

あとは当日まで無理せず調整に費やすつもりだとか。

 

f:id:LITTLEWING:20180402211025j:plain

f:id:LITTLEWING:20180402211032j:plain

そう、与那覇の調整法はもちろん組長からの指示によるもの。

ちなみに、幌多のいう「当日まで追い込むところ」の代表格として

ほとんどの人がまず名前を挙げるのがソニックファミリー。

実際、寮でもアナと神楽坂が死にそうな顔で帰ってくるのを

那覇も見ているだけに

f:id:LITTLEWING:20180402211520j:plain

f:id:LITTLEWING:20180402211526j:plain

f:id:LITTLEWING:20180402211620j:plain

自分のトレーニング内容に対して不安になったりもするわけですが、

幌多曰く、それは「方向性の違い」だと。

身体を効率よく鍛えるという意味では、

組長の指導の方が断然上で、

ソニックのやり方は非効率とまで言います。

じゃあ、なぜソニックはそんな非効率な特訓を行うのか?

それが、先ほど幌多が言った「方向性の違い」になるわけで。

 

組長の指導が身体を効率よく鍛え上げるものであれば、

ソニックのそれはメンタルを鍛え上げるもの。

ちょっとやそっとの逆境には動じないハートを作り上げるのが

ソニックの特訓なのではないかと。

まあ、結論としては「よそはよそ、うちはうち」ということで

変に影響を受けたりせず、

組長を信じて今のトレーニングをそのまま続けること、

と幌多が綺麗に締めて

今まで通り、無理のないトレーニングを続ける2人。

 

f:id:LITTLEWING:20180402212705j:plain

そんな与那覇を、明日から崖ノ下が面倒見ることに。

滝沢組は今、乗りに乗っている状況。

トナーズは朧双花に勝利して、次はタッグタイトルに挑戦。

KOMでは片倉が吉井からベルトを奪取。

そして、最強決定戦では組長、片倉、一箭の3人が参戦。

f:id:LITTLEWING:20180402213128j:plain

f:id:LITTLEWING:20180402213133j:plain

そして、セヴンスターでは幌多に

ヤンドラ杯では与那覇にそれぞれ可能性があるとなれば

滝沢組が一丸となってバックアップするしかないだろう、という流れに。

で、前述の通り、与那覇には崖ノ下がつき、

幌多には海江田と一箭がつくことに。

 

・・・あれ?誰か足りないような?

 

f:id:LITTLEWING:20180402213421j:plain

f:id:LITTLEWING:20180402213427j:plain

f:id:LITTLEWING:20180402213432j:plain

f:id:LITTLEWING:20180402213437j:plain

まあ・・・仕方ないよね(^^;;

石狩さんにはこの憂さを、一箭とのタッグで晴らしてもらう方向でw

しかしまあ・・・気がつけばホント滝沢組大活躍ですよね。

この勢いは一体どこまで続くのか?