広告

【リングドリーム】我に艱難辛苦を与え賜え

f:id:LITTLEWING:20180330212007j:plain

f:id:LITTLEWING:20180330212015j:plain

f:id:LITTLEWING:20180330212020j:plain

サンシャイン王牙の四天王への挑戦。

結果は、岸田がその壁の高さを見せつける結果となったわけですが

サクリファイ子としては心中複雑なようで。

 

f:id:LITTLEWING:20180330212732j:plain

それなりに自信があった上で挑んだ王牙でしたが

王牙が繰り出す攻撃の大半は跳ね返され、

まるで「全身鎧を着てる相手」と戦っているようだったと。

最後に少しは意地を見せることが出来はしたものの、

騎士という肩書きが

単なるキャラクターからついたものではないのだと

身をもって味わう羽目に。

さすがに「見通しが甘かった」と認めざるを得ない王牙。

 

 

f:id:LITTLEWING:20180330213258j:plain

f:id:LITTLEWING:20180330213502j:plain

だから「四天王最弱の私にしとけば良かったのに」と岡部は言うんですが

大敗を喫してもなお

「選択肢を与えられて、一番下を選ぶなんてかっこ悪い」

と、自分の考えを曲げる気はない王牙。

もし、次に同じような機会があったら

今度は円陣を指名するだろうとまで。

f:id:LITTLEWING:20180330213913j:plain

そんな王牙のスタンスが、この一言に表れているんでしょうね。

 

そして、王牙と似ているようで大きく異なるのがサクリファイ子。

王牙の場合、前向きに上を目指し

その過程に課せられる試練は喜んで受け入れる感じですが

サクリファイ子の場合は、

試練そのものこそが、彼女の欲するものなわけで。

f:id:LITTLEWING:20180330214506j:plain

f:id:LITTLEWING:20180330214512j:plain

f:id:LITTLEWING:20180330214517j:plain

多くの人から

「十字架背負わなかったら、実は強いんじゃ?」

と指摘されているサクリファイ子。

実際、彼女のファイトスタイルは

序盤は好きなように攻撃されまくった上で

(なんとここで試合が決まってしまうこともw)

f:id:LITTLEWING:20180330214809j:plain

f:id:LITTLEWING:20180330214818j:plain

後半、背負っていた十字架を切り離して一気に攻め込むというもので

確かにこれを見ていたら

「最初から攻めればいいじゃん?」

と言いたくなるのはごもっとも。

だがしかし!

f:id:LITTLEWING:20180330215041j:plain

理屈ではその通りなんだけれども、そうはいかないのが人間なんだと。

実のところ、サクリファイ子も普通に試合していた時期もあったのです。

しかしそれだとどうにもかみ合わないというかギアが入らず

試行錯誤の末にたどり着いたのが

f:id:LITTLEWING:20180330215102j:plain

我が身を贄とし、相手の技に己を差し出し

差し出し、差し出し、差し出し、差し出し・・・

 その末に真価を見出す、そんな

「試練と力の等価交換スタイル」。

それこそが、サクリファイ子のあるべき姿なのだと。

 

f:id:LITTLEWING:20180330215103j:plain

f:id:LITTLEWING:20180330215110j:plain

とはいえ、この提案はさすがに受け入れがたいというか、

この最後のやりとりさえなければ

まだ好意的に受け止められたのに・・・w