広告

【リングドリーム】会社推薦枠

f:id:LITTLEWING:20180329213759j:plain

f:id:LITTLEWING:20180329213803j:plain

f:id:LITTLEWING:20180329213807j:plain

f:id:LITTLEWING:20180329213812j:plain

KOM選手権試合にて、片倉に敗れ王座から陥落した吉井。

しかし、その試合内容には満足しているのか

練習している様子からも充実感がうかがえます。

それに、吉井には最強決定戦に参加する資格があるだけに

ここで立ち止まっている暇などありません。

 

f:id:LITTLEWING:20180329215045j:plain

しかし、そんな吉井を羨ましく思う人達が。

正直これが、いわゆる「トップレスラー」だけで行うものであれば

諦めも付いたのだろうけれど、

「セヴンスター防衛経験者」、この条件が2人を悔しがらせる要因に。

ハミングは、友野に勝利するという大金星をあげたものの

初防衛戦で中津井に敗北。

キャシーも、セヴンスター3連勝と乗りに乗っていた

ルシフェルからベルトを奪うも、

初防衛戦で一箭に敗北と、2人とも防衛が出来なかっただけに

勝負に「たられば」は厳禁とはいえ

「あそこで勝っていれば」とどうしても思ってしまうのでしょう。

とはいえ、防衛できなかった自分が悪いのは百も承知なので

抗議なんて真似はさすがに出来るわけもなく。

f:id:LITTLEWING:20180329220024j:plain

f:id:LITTLEWING:20180329220029j:plain

f:id:LITTLEWING:20180329220036j:plain

なお、ソニックがそこまで考えて条件設定したというのは

さすがに買いかぶりすぎです、っていうか右下ww

 

f:id:LITTLEWING:20180329220157j:plain

f:id:LITTLEWING:20180329220210j:plain

そうなると、参加条件を満たしていない選手が

一縷の望みを託すのは会社推薦枠。

しかしそこはハミングも当然考えていて、

即会社に確認を取ったらしいですが

その条件はかなり厳しいらしく

f:id:LITTLEWING:20180329220415j:plain

あかりですら無条件では選ばれないのだとか。

そう、「無条件」では。

 

f:id:LITTLEWING:20180329220527j:plain

f:id:LITTLEWING:20180329220532j:plain

f:id:LITTLEWING:20180329220551j:plain

f:id:LITTLEWING:20180329220559j:plain

一方・・・女帝直下でも同じような会話が。

シングルでの勝負を約束していたシュバルツと霧島ですが

その勝負をシュバルツがまさかのキャンセル。

もちろん、シュバルツが逃げたとかそんな話では無く

霧島を最強決定戦に出場させるため。

霧島は参加条件を満たしていないため、

やはり会社推薦枠にすがるしかありません。

そこで、会社が用意した推薦枠を勝ち取るための選抜試合に

霧島を参加させようというのがシュバルツの考え。

そして、その相手となるのが・・・サンモニのあかりというわけで。

 

推薦枠に関しては、誰が来るのか皆さんあれこれ予想していたんですが

あかりと霧島で選抜試合というのは予想外だったのではないでしょうか。

日高とかラスカルって声が多かったですもんね。

とはいえ、会社推薦枠は「1つか2つ」とシュバルツが言っているように

これ1つだけとは限らないんですよね。

1枠をあかりと霧島で奪い合ってるだけに

ここでラスカルという線はほぼなくなったかもしれませんが

日高ならあるいは・・・?

 

まあそれはさておき、察しの悪い霧島も

ようやくシュバルツの言いたい事を理解。

あかりを降して最強決定戦へ!とやる気を見せてくれたのはいいんですが・・・

f:id:LITTLEWING:20180329220612j:plain

f:id:LITTLEWING:20180329220620j:plain

f:id:LITTLEWING:20180329220628j:plain

f:id:LITTLEWING:20180329220639j:plain

その一言はアカンw

さわり相手の時もそうでしたが、どうにも一言二言多いようでw