広告

【リングドリーム】滝沢組結成秘話?

f:id:LITTLEWING:20180307214900j:plain

f:id:LITTLEWING:20180307214908j:plain

滝沢、赤城の「トナーズ」との試合ももうすぐ。

しかし、朧双花の両名は特に気負った様子も無く

いつも通りにやるだけだと。

それが、新人の頃に滝沢から教わった事でもあるのだからと。

 

f:id:LITTLEWING:20180307215213j:plain

f:id:LITTLEWING:20180307215228j:plain

ただ、咲川が教わった頃はまだ「滝沢教室」なんてものはなく

単に「先輩の一人からの指導」という形だったのだとか。

先輩達が交代で教えてくれるということで

北村や吉崎(※リンドリ未登場)が指導役の時は良かったけど

日高だとすぐに鉄拳が飛んでくるし

ラスカルは突き放した感じだったし

ソニックは無茶振りが凄かったしで

教え方が丁寧な滝沢に教えを請う人が

自然と多くなっていったのだとか。

f:id:LITTLEWING:20180307220239j:plain

そんな流れから、ついには会社から

教師役を押しつけられる始末w

とはいえ、滝沢の教え方も厳しい事には変わりなく

基本的には孤高を貫く姿勢から、

近寄りがたい先輩ではあったわけです。

f:id:LITTLEWING:20180307220510j:plain

f:id:LITTLEWING:20180307220516j:plain

そこへ現れたのが石狩みな。

滝沢への弟子入りを、土下座してまで頼み込んだのだとか。

そんな石狩の熱意に負け、晴れて弟子第一号に。

それがきっかけとなって、私も私もと希望者が殺到し、

気がつけば、滝沢組は大きくなっていたと。

 

そんな、当時の滝沢を知る人間としては

f:id:LITTLEWING:20180307221019j:plain

「あの」滝沢さんがトナカイコスで試合するなんて・・・。

と、今でも信じられない様子w

今回、クリスマスじゃないのにトナカイコスで試合するのは

赤城からのたってのお願いなんですが

それでも、昔の滝沢なら絶対に却下していただろうと。

f:id:LITTLEWING:20180307221402j:plain

f:id:LITTLEWING:20180307221413j:plain

やはり、弟子がかわいいということもあるでしょう。

弟子に囲まれて丸くなったというのもあるでしょう。

しかし、さわりは「考え方が柔軟になった」という点を警戒。

咲川も、滝沢のパートナーが石狩から赤城になったことで

グレードダウンしたとは思わず、

ナイアガラロックとはまた違ったタイプの強敵だと認識。

 

まあ、見た目がコミカルなので気が緩みそうではありますが

そこはしっかりと気を引き締めていく朧双花。

しかし、トナーズ側も滝沢はいうまでもなく、

赤城も思い入れのあるチーム名、

思い入れのあるコスで気合いは十分。

 

果たして、このタッグ戦線に生き残るのは・・・どっちだ?!