広告

【リングドリーム】みんなのために

f:id:LITTLEWING:20180305204532j:plain

f:id:LITTLEWING:20180305204537j:plain

f:id:LITTLEWING:20180305204542j:plain

いよいよ井ノ瀬の出番が回ってきたセヴンスター。

珍しく、前の試合から2ヶ月以上も間が空いたため

こがねを倒して勢いに乗っていた紅蓮もクールダウンしているはず

と、自分にとって有利な条件を挙げるわけですが・・・

 

正直なところ、それでも分が悪いだろうというのが井ノ瀬の見立て。

f:id:LITTLEWING:20180305204841j:plain

f:id:LITTLEWING:20180305204849j:plain

f:id:LITTLEWING:20180305204855j:plain

そもそも、スパイダーキッズの面々は強さを売りにしたレスラーでは無く

興行のワキを埋めるいわゆる「盛り上げ役」。

そんな自分達に「王道の試合」が向いていない事は重々承知。

でも、今回だけは、「お客さんのため」というのを忘れたいと。

そう、園原にうち明けるわけですが

f:id:LITTLEWING:20180305205324j:plain

f:id:LITTLEWING:20180305205331j:plain

f:id:LITTLEWING:20180305205338j:plain

園原からは「バカだな」の一言。

もちろん、園原も会場を盛り上げるために試合をしているのは同じ。

しかし、自分のためにも試合をしているし

試合ごとでどっちに重きを置くかの比重も変えているとのこと。

なによりも、「自分のために試合しちゃいけない」

なんて考え方はおかしいだろとお叱りの言葉が。

 

f:id:LITTLEWING:20180305205347j:plain

f:id:LITTLEWING:20180305205354j:plain

f:id:LITTLEWING:20180305205400j:plain

更にいうなら

「みんなのために試合をする」

のみんなには自分自身も含まれているんだと。

このあたりは、言わなくてもわかっているものだと思い込んでいたわけですが

お互い認識にズレがあった事を、言葉にすることで初めて気付くことに。

f:id:LITTLEWING:20180305205408j:plain

だったら、最初に井ノ瀬が言った通り、

今回は「お客さんのため」ではなく

100パーセント「自分のため」に戦えと園原からもGOサイン。

 

f:id:LITTLEWING:20180305205415j:plain

f:id:LITTLEWING:20180305205424j:plain

そんな井ノ瀬の想いを邪魔しないためにも

今回はセコンドとして余計なちょっかいはかけないと

紅蓮側のセコンドである京須と不戦協定を結びます。

 

正直、どちらが有利かといわれればやはり紅蓮だとは思いますが

この2ヶ月ちょっとでクールダウンしたのも確か。

そこに、井ノ瀬にブーストがかかってどこまで迫れるか?

といったところなんでしょうがはてさてどうなることか・・・。