広告

【リングドリーム】新しい世代に対する壁となるために

f:id:LITTLEWING:20180302222529j:plain

f:id:LITTLEWING:20180302222534j:plain

先日のタッグマッチ、くるまおは終盤まで押していたんですが

最後の最後でSpicaに逆転されて敗北。

善戦出来れば次には繋がるということで、

十分に及第点ではあったんですが・・・

 

f:id:LITTLEWING:20180302223032j:plain

f:id:LITTLEWING:20180302223037j:plain

f:id:LITTLEWING:20180302223045j:plain

それでも悔しさを隠せない二人。

勝負に「たられば」は禁物とはいえ、

あの膝さえ喰らわなければ、カットに間に合っていればと

言わずにはいられないようで。

結局、中江の執念が二人を上回ったと結論づけるわけですが・・・

f:id:LITTLEWING:20180302223550j:plain

f:id:LITTLEWING:20180302223557j:plain

そんな二人のやりとりをこっそりのぞいていた麗。

どこから見ていたかといえば

夕飯の後、二人が頷き合ってこっそり家を出た辺りからって

会話する前から見張られてたww

f:id:LITTLEWING:20180302223818j:plain

f:id:LITTLEWING:20180302223826j:plain

ちなみに、なんで麗が嬉しそうだったかというと

二人が試合に負けた事に対して悔しがっていたから。

昔は、負けて当然みたいに思っていたため

こういう「試合に負けて悔しい」という感情が見られなかったと。

やはり、こういった悔しいという感情がないと

レスラーとして上には上がっていけないですからね。

そんなリーダー達を見て、自分も頑張ろうという気になった麗。

 

f:id:LITTLEWING:20180302224211j:plain

f:id:LITTLEWING:20180302224222j:plain

f:id:LITTLEWING:20180302224228j:plain

そして、麗が頑張ろうとしている

ソニックに勝った後で進めようとしていることは

上の世代の挑戦は受けずに下の世代だけを迎え撃つという

賛否が大きく分かれそうな案。

上の世代からの挑戦は受けないとなると

当然「逃げている」という人も出てくることでしょう。

f:id:LITTLEWING:20180302225056j:plain

f:id:LITTLEWING:20180302225107j:plain

しかし、麗はこれまで菊池やソニックといった

上の世代を代表する選手相手とも戦ってきた事を理由に

逃げたとは言わせないとあくまでも考えを変えない様子。

 

f:id:LITTLEWING:20180302225116j:plain

そして、ここで実際のプロレスでの実例が。

多くの人が連想したのは、やはり全日本プロレスでのジャンボ鶴田

その鶴田相手に立ち向かっていった超世代軍。

確かに、あの頃の鶴田は本当に強かったですからね。

そんな鶴田を相手に、三沢がフェイスロックでギブアップを奪った時には

それはもう驚いたものです。

しかし、このあと鶴田は病でリングから離れることに・・・。

 

f:id:LITTLEWING:20180302225127j:plain

f:id:LITTLEWING:20180302225134j:plain

結末はさておき、そんな鶴田のように

新しい世代に対する壁として立ちはだかりたいということなんでしょう。

もちろん、最初は一方的になるかもしれない。

でも、かつての鶴田と三沢がそうだったように

やり合っていくうちに戦えるようになっていくはずだと。

 

なるほど、確かに麗の言い分からすれば

ここに上の世代が加わってしまうと

下の世代が王者とやり合う機会というのが減ってしまうため

下の世代が育つのが遅れかねないと。

ただまあ、あの当時の全日本って天龍も抜けて間もない頃で

上の世代の壁といえる人ってそれこそ鶴田くらいしかいなかったような?

(外国人レスラーならハンセンとかいたでしょうけど)

それに引き換え、東女の方は上の世代だけでも人材豊富ですからね。

そっくりそのまま当てはめるのは違うような気も。

まあ、そこも含めて賛否分かれそうと言っているのかもしれないですが

ソニックの掲げている案がいわゆるドリームマッチなだけに

麗のこの考えはなかなか難しい選択になるかもしれません。