広告

【リングドリーム】RISING UNION 5試合目 光学騎士 VS We Can Fly

f:id:LITTLEWING:20180130205225j:plain

「RISING UNION」5試合目は

レジスタンスの内部抗争総決算ともいえる試合。

レジスタンスのツートップである円陣、岸田の「光学騎士」に

笠松、岡部の「We Can Fly」が挑みます。

 

青コーナー We Can Fly

f:id:LITTLEWING:20170703230031j:plain

玉子の一言から始まった、レジスタンスの内部抗争。

f:id:LITTLEWING:20180130211356j:plain

この好機を、笠松はしっかりとものにして

ついにレジスタンスのトップとの対決にまでたどり着きました。

f:id:LITTLEWING:20180130211408j:plain

 

f:id:LITTLEWING:20180130211413j:plain

そんな、ようやくたどりついた場で笠松の口から出た言葉は

下克上だとかエース交代だとかそんな話ではなく

「共に重荷を背負う」という宣言。

f:id:LITTLEWING:20180130212149j:plain

f:id:LITTLEWING:20180130212157j:plain

正直、岡部はそこまでの決意があるものか怪しいところなのですが

「期待されたら応えるのがプロレスラー」

その一言が今の岡部を端的に表しているといえるでしょう。

f:id:LITTLEWING:20180130212344j:plain

f:id:LITTLEWING:20180130212353j:plain

元々は、笠松一人で挑むつもりだったトップへの戦い。

しかしそれは、岡部との戦いによって軌道修正されることに。

エース以外にもこんなに手強いレスラーがいるんだとわかったから。

f:id:LITTLEWING:20180130212407j:plain

それゆえの、岡部も巻き込んでの四天王構想。

果たして、新たな体制確立となるのか?

 

赤コーナー 光学騎士

f:id:LITTLEWING:20180130212650j:plain

f:id:LITTLEWING:20180130212656j:plain

f:id:LITTLEWING:20180130212702j:plain

f:id:LITTLEWING:20180130212709j:plain

以前の円陣であれば、重荷を引き受けると言われれば

それこそ喜んでその荷を引き渡したことでしょう。

しかしそれは、あくまでも昔の円陣だったらの話。

勇子が抜けた後のレジスタンスを支えてきたのは

紛れもなく円陣と岸田の両名なのですから。

そんな、レジスタンスを支えてきた両名だからこそ

ここを簡単に通すわけには行きません。

f:id:LITTLEWING:20180130213133j:plain

f:id:LITTLEWING:20180130213146j:plain

笠松達がここまで勝ち上がってきた実績を認め

戦わずして四天王構想を受け入れるという案も場合によってはありでしょう。

しかし、それでは一抹の不安が残るのは否めません。

前途ある若者が、分不相応の重荷に耐えきれず

結果、潰れてしまうような事はあってはならないのですから。

f:id:LITTLEWING:20180130213152j:plain

f:id:LITTLEWING:20180130213158j:plain

だからこそ、2人がその重荷を背負えるだけの器か否か、

ここでその真価を問わんと全力で迎え撃つ光学騎士。

 

解説および試合

コメンテーターは久しぶりの登場となる京伏。

誰だお前!みたいなツッコミもありましたけど

リデザしてからも一応登場してますからね?(^^;;

(忘れてても仕方ないくらい出番が少ない事に関しては否定しない)

f:id:LITTLEWING:20180130214011j:plain

f:id:LITTLEWING:20180130214024j:plain

f:id:LITTLEWING:20180130214029j:plain

「最初は一人でやるつもりだった」

という笠松の言葉。

それは、「次期エース」としての期待を一身に受け

それに応えんとする笠松が出した答えでした。

しかし、内部抗争で当たった岡部相手にまさかの苦戦。

f:id:LITTLEWING:20180130214417j:plain

この結果から、京伏は「エースはまだ遠い」と判断したのですが

当の笠松は全く異なる判断を下しました。

岡部に完勝できなかったのは、

自分の実力が不足していたのではなく

岡部が同じくらい成長していたのだと。

それ故に、岡部をパートナーとして巻き込み

以降はタッグとして内部抗争に参戦。

見事連勝することで、笠松の考えが正しいことを証明して見せました。

f:id:LITTLEWING:20180130214902j:plain

f:id:LITTLEWING:20180130214911j:plain

とはいえ、さすがにレジスタンスのツートップには

まだ届かないだろうという京伏予想。

しかし、四天王成立の条件は勝利ではありません。

皆に認められるだけの結果が出せればいいのです。

逆にいえば、そんな結果が出せないようなら四天王構想は頓挫。

「ウチのエースはやっぱり強かったんだ」という結論に落ち着くだろうと。

一番困るのは、良い勝負ともワンサイドとも言えない

微妙な結果だった場合なんですが・・・

 

そんな心配もどこ吹く風と、1/3経過時点で

PFごとの星数では3-2となかなかの好勝負。 

もっとも、トータル含めると5-2で光学騎士優勢なので

We Can Flyサイドとしてはこれ以上離されるのは厳しいところ。

その後、ハンゲとゲソてんでは激しい争いがあったようですが

他3PFに関しては攻守が入れ替わる事は無し。

mixiをWe Can Flyが押さえているだけに

あと2つ取れると大きいのですが・・・。

 

しかし、そんな期待に応えるかのように終盤、

We Can Flyがハンゲとゲソてんも押さえます!

これはもしや・・・

といいたいところなんですが、残念ながらそうはなりませんでした。

というのも

ニコのpt差、なんと1600万

これはさすがにどうしようもなく、結局4-3で光学騎士の勝利に。

とはいえ、PF別の星数でいえば上回っていたので

 

「トップ相手に良い勝負」の条件は満たしたとみて

いい・・・んですかね?