広告

【リングドリーム】強敵乱舞~雪降る道の霜柱~その2

通常スカウトイベントである「強敵乱舞~雪降る道の霜柱~」。

今回紹介するのは、どちらも凶獣。

ヘルハートとPromotionの2つです。

 

f:id:LITTLEWING:20180114162816j:plain

f:id:LITTLEWING:20180114162822j:plain

2月の7連戦、前イベントで明確になっていたのは4試合だけだったので

東女との2部構成にしてそこでセヴンスターの可能性も?

なんて少しは考えていたのですが

このやりとりの時点で消えたと思っていいんでしょうかね。

(※FWWW興行が2.1なので、2部構成だとしたら東女側はどうしても1月に)

 

っていうか、セヴンスターはこれから人数増えるだけに

こんなに間空けちゃって大丈夫かと思わなくもないですが・・・(^^;;

f:id:LITTLEWING:20180114162830j:plain

f:id:LITTLEWING:20180114162838j:plain

大木、紅蓮の出番が来る前には

「勝つことが当たり前という意識にはなっていたかもしれない」

などと石狩に言われたわけですが

実際、世間的な評価もそう変わらないものでした。

しかし、そんな言葉に奮起したのか

まずは大木が石狩からセヴンスターを奪取。

そして・・・

紅蓮、怒濤の三連勝!!!

特にこがねとの試合は、勝負がついたと思われた

終盤にまさかの大逆転をしてみせました。

まさに「確変中」といって過言ではないほどの勢い。

そんな紅蓮に挑む井ノ瀬ですが、

心配は他にもあって「任期満了」の期限。

現時点で唯一「任期満了」によるベルト返上を果たした一箭の場合、

デビューは2009年二期組扱いで

2017年に入った時点で8年目となったものの

海江田相手に防衛した上でベルトを返上しました。

となると、2011年一期組扱いの紅蓮の期限は

せいぜい3月くらいになるのでしょうか?

そう考えると、返上まであと2戦出来るかどうかなので

自分が最後になってしまう可能性もあるとなれば

負けられない気持ちが強まるというものでしょう。

 

f:id:LITTLEWING:20180114162846j:plain

f:id:LITTLEWING:20180114162854j:plain

そして、凶獣新人の熊井(と紅葉)は打倒ミレニアムということで、

まずは1つ上の先輩である神楽坂、アナの2人に勝利することが今年の目標。

そして、忘れちゃいけない打倒白木!

強烈な個性の先輩、後輩に挟まれてる2人ですが

何だかんだでうまく生き残ってますよね、ゆきりんご。

 

f:id:LITTLEWING:20180114162901j:plain

f:id:LITTLEWING:20180114162908j:plain

生き残っているといえば、

そもそもはメタルサーガとのコラボキャラだったはずが

いつの間にかレギュラーキャラになっている校条なんかは

その最たる例になるのでしょうが

最近ではあちこちにケンカを売りまくっているとのこと?

校条自身には自覚がないようなのですが

f:id:LITTLEWING:20171226220227j:plain

・・・もしかして、これ?(^^;;

 

f:id:LITTLEWING:20180114162914j:plain

f:id:LITTLEWING:20180114162920j:plain

f:id:LITTLEWING:20180114162929j:plain

更には、口だけでなく凶器の使い方までべた褒めされる校条。

一応、何も考えずにフルスイングしているわけではなく

それこそ、メンテ子時代からフルスイングの練習をしてきてるんですが

今回に限らず、そのイカレっぷりは

凶獣のベテラン勢からかなり評価されています。

 

f:id:LITTLEWING:20180114162938j:plain

ただ、本人はそういった自覚は全くないので

期待されても戸惑うばかりなのですが、

凶獣の中でも数少ない「ヒールらしい」レスラーですからね。

このまま成長していったらどうなるのか・・・

楽しみなような怖いような?w