広告

【リングドリーム】意外と好評だったレフェリング

f:id:LITTLEWING:20180109212300j:plain

f:id:LITTLEWING:20180109212307j:plain

f:id:LITTLEWING:20180109212319j:plain

f:id:LITTLEWING:20180109212326j:plain

昨年末に行われた同期対決は、千鶴が勝利して通算ではメアリが1勝2敗。

ヤングドラゴンの称号は得たし、タッグ王者にもなれたものの

最後に千鶴に負けた事が悔しくて仕方が無いメアリ。

 

f:id:LITTLEWING:20180109212855j:plain

f:id:LITTLEWING:20180109212901j:plain

しかし、千鶴から言わせれば、

その肝心なヤンドラ杯の優勝決定戦で負けていることから

感覚的にはまだ自分の負け越しだと。

千鶴としては、あの時のメアリを超えることが

今年最初の目標なんだとか。

というのも

f:id:LITTLEWING:20180109213114j:plain

f:id:LITTLEWING:20180109213121j:plain

f:id:LITTLEWING:20180109213127j:plain

シュバルツほどではないけれど

メアリもかなりムラがあるタイプというか。

その乗りに乗ったタイミングが、あの優勝決定戦の時だったわけで

「最も乗っている時のメアリ」を目標に、

というのはわからない話ではありません。

f:id:LITTLEWING:20180109213134j:plain

f:id:LITTLEWING:20180109213142j:plain

そういう意味では、安定した強さを持つ千鶴は

滝沢さんタイプとのことですが

露出度は全然違いますから!(そっちかw

 

そんな両者の評価はさておき、

今回の試合で他に気になることといえば・・・

そう、ぽひのレフェリーです。

f:id:LITTLEWING:20180109213646j:plain

あのぽひに、レフェリーなんて出来るの?

正直そう思った人は、私を含めて多かったのではないかと思いますが

寝技の展開になれば高速移動でぐるぐる周り、

ロープワークが激しくなればコーナーポストに飛び乗り、

カウントを取る時にはずさーっ!と意味なくスライディングするだけでなく

フィニッシュ時には横回転も入れていたとか。

f:id:LITTLEWING:20180109213657j:plain

f:id:LITTLEWING:20180109213703j:plain

f:id:LITTLEWING:20180109213707j:plain

そして、2人が投げの大技を出した際には

リングの振動に合わせて小さく跳ねるぽひw

これを狙ってやってるわけじゃないからこそ

記者達からの評判も良かったのでしょうね。

 

ただ、今度は選手として一緒のリングに上がりたい

というのが2人の正直な気持ち。

しかし、以前に話していた通り

タッグ王者であるぽひが、FWWW外で試合するのは難しい状況なので

ぽひと戦おうと思ったらFWWWに乗り込むのが現実的なわけですが

そうすると今度はメアリが「タッグ王者だから」と

ぽひと同じ理由で戦うのが難しくなるというw

そんなわけで、直近で可能性があるのは

FWWWでの、ぽひVS千鶴というカードくらい?

「安定した強さ」とメアリから評価された千鶴ですが

ぽひ相手には連敗中ですからね。

「3度目の正直」をかなえる機会・・・来ると良いですね。