広告

【リングドリーム】SEVEN DAYS DIVA 7試合目 シュバルツ・ネーベル VS ソニックキャット

f:id:LITTLEWING:20171227222328j:plain

「SEVEN DAYS DIVA」メインイベントはTWP世界無差別級選手権試合。

王者、シュバルツ・ネーベルに対して

神崎とは違った意味で東女の象徴といえる

ソニックキャットが挑みます。

 

青コーナー ソニックキャット

f:id:LITTLEWING:20171227222709j:plain

f:id:LITTLEWING:20171227222716j:plain

シュバルツの夢といえば、皆さんご存じの通り

神崎と添い遂げること・・・ではなく、神崎を自らの手で倒すこと。

昨年までは、それはまさに「叶わぬ夢」にしか見えなかったわけですが

今年、破竹の勢いで頂上まで駆け上がり、

ついに神崎まであと一歩というところまで来たシュバルツ。

その勢いにはソニックも驚くばかり。

f:id:LITTLEWING:20171227222743j:plain

f:id:LITTLEWING:20171227222753j:plain

f:id:LITTLEWING:20171227222807j:plain

特に、ここ数年常に頂点を競い合っていた麗、菊池の両名を

倒した上での戴冠というのが大きく、

それに比べれば自分は大した壁にはならないかも・・・

といいつつも

f:id:LITTLEWING:20171227225230j:plain

f:id:LITTLEWING:20171227225235j:plain

f:id:LITTLEWING:20171227225240j:plain

王者は、東女を支える柱は、強いだけでは駄目なんだと。

お客を納得させる何か、

お客を惹きつける何かが必要不可欠なんだと

長いこと東女を支えてきたソニックが語ります。

自分もヒロインとしての意地を見せるから

シュバルツにもその「何か」を見せて欲しいと。

 

赤コーナー シュバルツ・ネーベル

f:id:LITTLEWING:20171227225607j:plain

f:id:LITTLEWING:20171227225612j:plain

そんなソニックの意見を否定するわけではないけれど

今回は「体力が空っぽになるまでやり合おう」

その言葉のみに応えるつもりのシュバルツ。

f:id:LITTLEWING:20171227225815j:plain

f:id:LITTLEWING:20171227225824j:plain

f:id:LITTLEWING:20171227225831j:plain

f:id:LITTLEWING:20171227225838j:plain

もちろん、ソニックの言いたい事もわかる。

だけど、今のシュバルツはそこまで器用ではないから。

余計なことを考えた挙げ句、いつもの力が出せなくなっては本末転倒。

なので、将来的な課題としては聞き入れつつも

今回は頭を空っぽにして

文字通り正面からぶつかるつもりのシュバルツ。

f:id:LITTLEWING:20171227230101j:plain

f:id:LITTLEWING:20171227230112j:plain

そう・・・神崎へ至る道に立ちはだかる障害は

文字通り「ぶっ飛ばす!」と。

 

解説および試合

コメンテーターは、前王者である麗。

ただ、コメンテーターというよりは見届け人ということで

今回の試合予想などはするつもりはないのだとか。

 ただ、この試合の結果次第で麗の今後の行動も変わるもよう。

f:id:LITTLEWING:20171227230504j:plain

f:id:LITTLEWING:20171227230509j:plain

まずはシュバルツが勝利した場合。

この場合は、当分は静観を決め込むつもり。

自分とは異なる道を進もうとしているシュバルツ、

彼女がどんな道をたどっていくのか興味はあるし、実際見てみたいから。

だから、シュバルツが目標をやり遂げるか

もしくは途中で力尽きるまでは彼女の邪魔はせず

麗自身はディスティニーとして活動するつもり。

f:id:LITTLEWING:20171227230904j:plain

f:id:LITTLEWING:20171227230912j:plain

ただし、ソニックが勝った場合は全く逆で

すぐにでもベルト戦線に復帰したいと。

世代抗争によってようやく進んだ時代、

それをまた逆行させるような事はしたくないからと。

 

これは結構重要なポイントで、麗派の方々が

ディスティニーとして活動する麗が見たいのか

これまでのように頂点を競い合う麗が見たいのか

それによって戦況がかなり変わりそうな・・・?

 

もちろん、それだけで戦況が決まるわけではないですが

試合はまさかのソニックワンサイドで序盤は進行します。

まあ、シュバルツが多少不利になるのでは?

くらいには思ってましたけど正直ここまで一方的になろうとは・・・。

とはいえ、王者としてこのまま一方的にやられたままで終わるわけには!

と、シュバルツサイドも奮起してmixi、ニコを取り返します。

が、そこまでが精一杯でトータルptは離される一方。

最終的には6600万もの差がついてソニック初戴冠!

f:id:LITTLEWING:20171228211626j:plain

そう、東女の顔的存在でありながら、

実はソニックさん、TWP世界無差別級のベルトは今回初めて巻ける事に。

麗の言葉を借りるなら「時代がまた戻ってしまった」事になるのでしょうが

ソニックとしては、もしかしたら最後のチャンスかもしれなかったですからね。

神崎への挑戦を逃してしまったシュバルツは残念ではありますが

ここは素直にソニックの今後を期待したいと思います。

 

 

というわけで、狙ったわけではないのですが

タイミング良く7連戦記事のラストが

ちょうど2017年最後の記事となりました。

ちょっとここのところ仕事の方が多忙なため

いっぱいいっぱいなところはありますが

更新は極力途切れさせないようにと思っていますので

2018年もまたよろしくお願いします。