広告

【リングドリーム】スペシャルワンマッチ 飯田知世子 VS ヘカトン慧子

f:id:LITTLEWING:20171218201329p:plain

今回のスペシャルワンマッチは

残すところあと2つとなったヤンドラ杯本戦の椅子を賭けた戦い。

飯田知世子 VS ヘカトン慧子 となります。

 

f:id:LITTLEWING:20171218201812j:plain

f:id:LITTLEWING:20171218201818j:plain

これから戦おうという相手と一緒に会場へ向かうことに

どうにも違和感が拭えないヘカトンですが

FWWWでも親しい人と試合することありますよね?

というのと

普段一緒に生活しているだけに、

今更会場に向かう時だけ別行動にしても

焼け石に水だと返されて、

これも貴重な経験だと納得するヘカトン。

f:id:LITTLEWING:20171218202650j:plain

f:id:LITTLEWING:20171218202659j:plain

風祭と小天狗はセコンドとして同行するわけですが

小天狗の試合は来年に持ち越しになったのに対し

風祭は既に本戦進出済み。

f:id:LITTLEWING:20171218202713j:plain

f:id:LITTLEWING:20171218202721j:plain

元々、距離をおかれるのを苦にしない神楽坂の蹴りですが

このときはいつも以上に伸びがあって風祭も苦戦したもよう。

ただ、そのせいで元々高くはなかった蹴りの威力が更に落ちる結果となり

風祭が凌ぎきって勝利。

f:id:LITTLEWING:20171103224842j:plain

f:id:LITTLEWING:20171218203825j:plain

以前に稲荷と「三人で決勝で会おう」という約束をしていましたけど

その実現に一歩近づいたわけです。

が・・・

f:id:LITTLEWING:20171218203937j:plain

f:id:LITTLEWING:20171218203950j:plain

三人が本戦に進む=小天狗とヘカトンは予選敗退

ということですからね。

さすがに黙ってはいられなかったのか小天狗が反論。

しかし風祭も更に反論。

「いやいや」「いやいや」そう言い合っている内についには・・・

f:id:LITTLEWING:20171218204146j:plain

f:id:LITTLEWING:20171218204157j:plain

今日試合をする2人よりも熱くなるセコンド2人w

こうなると、この2人が試合する所も見てみたくなりますけどね。

あ、でもそうなると稲荷が・・・(^^;;

 

そんなわけで、試合する本人達じゃなく

セコンドばかりに焦点がいってしまったので

両者のこれまでの戦績でも見てみようかと。

 

飯田知世子 1-1
× ハミング・飯田組 VS ホワイト・兎角組[ワンマッチ] 後日談  
○ 飯田&アナ組 VS 稲荷&神楽坂組    

 

ヘカトン慧子 3-5
○ ヘカトン慧子 VS ギガント森住[ワンマッチ]    
× ネオ・ジュエリーズ VS 呪鈴頭 後日談  
× カース伏久VSヘカトン慧子    
○ グレイ綾野 VS ヘカトン慧子    
○ ヘカトン慧子 VS 姫麻呂町由岐    
× 小天狗、ヘカトン組 VS 赤ずきん、森住組    
× ヘカトン・赤鬼・御門組VS岸田・聖光院・兎澤組    
× 山崎&ヘカトン&鈴木VS赤ずきん&姫麻呂&森住    

 

・・・思った以上に極端だった(^^;;

ストーリーへの登場頻度という意味では

飯田の方が圧倒的に多いはずですが

実は、7連戦やワンマッチで試合をしたこと自体はほとんどないという。

っていうか、シングルに関しては今回がなんと初ですもんね。

対するヘカトンは

負け越しているとはいえ結構試合をこなしています。

それに、実のところシングルでいえば3-1で勝ち越してるんですよね。

まあ、人気面ではやはり飯田が上だろうとは思いますが

それでも、シングルの戦績を加味すれば

ヘカトンにも少しは可能性が・・・?

 

・・・なかったorz

 さすがに7-0は回避しようと、

折り返し少し前にゲソてん勢が頑張って逆転して

最後までその差を守り抜きましたが、

他のPFはどうにもならず6-1で決着。

f:id:LITTLEWING:20171223000752p:plain

これで、風祭のいう「同期三人そろい踏み」まであと1人。

そして、FWWW勢全滅までもあと1人。

すべては最後の予選次第ということに。