広告

【リングドリーム】RISING APOCALYPSE 6試合目 ベノムナイト VS ライオット

f:id:LITTLEWING:20171128212234j:plain

「RISING APOCALYPSE」セミファイナルはTWP世界タッグ王座選手権試合。

ヤンドラ杯優勝のご褒美にと、

タッグ王座への道を用意されたメアリ。

その関門であった細野、ホワイトフェイス組の「SHIROKAGE」を

ソニックとの「ライオット」で撃破し、

現タッグ王者である菊池、ソニックナイト組

「ベノムナイト」とついに向かい合うことになりました。

 

青コーナー ソニック、メアリ組

f:id:LITTLEWING:20171128213301j:plain

f:id:LITTLEWING:20171128213307j:plain

メアリお決まりの見得を切ったはいいものの

相手はタッグ王者である菊池とソニックナイト。

そして、自分のパートナーもソニックキャットとそうそうたる面々。

f:id:LITTLEWING:20171128213449j:plain

f:id:LITTLEWING:20171128213455j:plain

f:id:LITTLEWING:20171128213821j:plain

それだけに、メアリの緊張もさぞや・・・と思いきや

どうやらこの状況を楽しんでいるようで(^^;;

でも、ソニックがいうには、ヒロインを目指すなら

そういったものを楽しめるようにならなきゃだめなんだとか。

f:id:LITTLEWING:20171128214031j:plain

f:id:LITTLEWING:20171128214043j:plain

でも、それが度を過ぎるとこうなってしまうわけですね(ソニックを見ながらw

 

それはまあさておき、これまでヤンドラ杯優勝のご褒美ということで

タッグベルトに挑むチャンスを与えられた選手は幾人といました。

しかし・・・その機にベルトを掴んだ選手はこれまで1人もいないのが現実。

それ故に、このご褒美もいつしか

「ヤンドラ杯優勝者に経験を積ませる」

という認識に変わっていったわけですが

f:id:LITTLEWING:20171128214445j:plain

f:id:LITTLEWING:20171128214452j:plain

それはあくまでもそういう「認識」、ジンクスなのであって

このジンクスを破ってこそだとソニックは言います。

f:id:LITTLEWING:20171128214459j:plain

そう言われれば、メアリもその言葉に応えないわけには!

壁が分厚ければ分厚いほど燃えるというメアリ。

その壁をぶち破ってベルトを獲ろうと誓い合います。

 

赤コーナー 菊池、ソニックナイト組

f:id:LITTLEWING:20171128215753j:plain

f:id:LITTLEWING:20171128215803j:plain

f:id:LITTLEWING:20171128215808j:plain

そんなやりとりを聞いて、

 だったらお望み通りたっぷり経験を積ませてヤンヨ!

と言わんばかりの菊池、ソニックナイトの両名。

f:id:LITTLEWING:20171128220638j:plain

f:id:LITTLEWING:20171128220647j:plain

f:id:LITTLEWING:20171128220653j:plain

とはいえ、決してメアリを侮っているわけではなく

「東女の若手ナンバー1」なら半端な実力であるはずがない。

そう認めつつも、舐めさえしなければ

自分達が負ける要素はないという自負も。

f:id:LITTLEWING:20171128221250j:plain

f:id:LITTLEWING:20171128221256j:plain

ともあれ、こちらはあくまでも王者として

若手に経験を積ませてやるというスタンスを崩さない様子。

 

解説および試合

 コメンテーターは装いも新たにしたあかり。

正直、戦力的な意味では

メアリにとって厳しい戦いになるのは否定できないところ。

f:id:LITTLEWING:20171128222036j:plain

だけど、メアリの必殺技「ライオンカッター」は

上にも十分通じる技なので、

メアリが綺麗に決められることを信じたいあかり。

ちなみにその「ライオンカッター」、どのくらいの威力があるのかというと

f:id:LITTLEWING:20171128222347j:plain

菊池のハイキックといえば、

姫小路や滝沢、そして当時王者だった麗をも沈めたことのある必殺の一撃。

それに匹敵する威力があるというのなら相当なものですが

f:id:LITTLEWING:20171128223044j:plain

f:id:LITTLEWING:20171128223113j:plain

f:id:LITTLEWING:20171128223120j:plain

メアリの「ライオンカッター」は

それこそとどめの一撃としてそれなりに状況を整えないと出せない技だけど

菊池のハイキックは通常技なので

出そうと思えばいつでも出せるし、更には連打も効くし・・・うん(^^;;

f:id:LITTLEWING:20171128223432j:plain

そんな現実を再認識して、

重くなった場の空気をなんとかしようとするあかりですが

その言葉はアカンw

ネタ的には

〇〇だと思った?残念ロロでしたー!

って続きかねないからね!(^^;;

 

そんなあかりのネタはさておき、試合の方は予想に反してライオットペース。

序盤はむしろワンサイドと言っていいくらいの差が。

mixiだけはなんとかベノムナイトが押さえていますが

ニコでは早々に1千万以上の差が・・・。

その後、ハンゲを取り返して

PFの星数では2-3にするベノムナイト。

とはいえ、トータルptはニコでの大差が響いて相変わらず・・・。

しかし、残り6時間を切ったあたりでゲソてんでも逆転が。

これで逆に3-2となってPF別星数ではリードするベノムナイトですが

トータルptでは相変わらずライオットが800万近いリード。

 この後、ベノムナイトはヤバゲをひっくり返すわけなんですが

トータルptでは結構な差がついているため

ベノムナイトが勝つには4PF取るしかない状況。

mixiは取れそうなものの、ニコはどう考えても届かない大差。

つまりは残る3PFを取るしかなく

その可能性がなかったわけではないのですが・・・

f:id:LITTLEWING:20171129222323j:plain

結果はご覧の通り。

ベノムナイトが3PF取りはしたものの、

トータルptはライオットが2千万近くも差を付けたこともあり

結果、4-3でライオットが新タッグ王者となりました。

 

ヤンドラ優勝者への褒美として用意されたタッグ王者への挑戦。

これまでは、あくまでも

「若手に経験を積ませる」意味合いが強かったわけですが

メアリはそのチャンスを確実にものにしてタッグベルトを見事獲得!

5PF制になってからの新ルールの影響によるベルト移動だけに

一部では揉めていたところもあったようですが

ニコでの頑張りがあったればこそのこの結果ですからね。

素直に賞賛を送りたいと思います。

 

しかしこうなると、ぽひ、メアリが揃ってタッグ王者となったわけで。

千鶴もこれは黙っていられないですよねーw

今後の動きに期待したいところです。