広告

【リングドリーム】幸運を招くウサギの足

f:id:LITTLEWING:20171109224506j:plain

f:id:LITTLEWING:20171109224521j:plain

ヤンドラ杯本戦進出を賭けた与那覇と姫麻呂の勝負は

接戦の末、与那覇の勝利。

ビクトル式膝十字固めが決まり手だったようですが

まさに立ってる状態から引きずりこまれたのでしょうね。

 

f:id:LITTLEWING:20171109225243j:plain

f:id:LITTLEWING:20171109225249j:plain

勝利した与那覇も得るものはあったようで

姫麻呂のスタイルからアピールのなんたるかを少しは学べた様子?

そんな健闘をたたえ合う2人ですが

姫麻呂は東女の選手ではないため、

ヤンドラ杯敗退となった時点で寮からも出て行かなくてはならないのでは?

姫麻呂個人としては、仲間である太堂の結果が出るまでは

残ってサポートしてやりたいところですが・・・

f:id:LITTLEWING:20171109225728j:plain

なんて話をしているところにえり子登場。

どうやらそんな心配はいらないようで。

f:id:LITTLEWING:20171109225737j:plain

f:id:LITTLEWING:20171109225808j:plain

言われてますよ鈴木さんw

ともあれ、負けた姫麻呂も太堂が脱落するまでは

一緒に東女寮に居続けられることになりました。

 

ただ・・・太堂も最初の相手が兎角ですからね。

f:id:LITTLEWING:20171109230909j:plain

団体は異なるものの、デビューした時期からすれば同期といってもいい2人。

そんなこともあってか、兎角を意識している太堂。

ここまでのヤンドラ杯予選とは違い、

2人の試合は大会場で行われるということで

なおのこと気合いが入ろうというもの。

それというのも、兎角がアリスの相手を引き受けて

他の選手よりも1試合多く戦う事になった見返りで

大会場での試合する権利をもらったわけですが

太堂からしてみれば

何もしていないのに大会場での試合が転がり込んできたのだから

ラッキー以外のなにものでもないでしょう。

とはいえ・・・

f:id:LITTLEWING:20171109232207j:plain

f:id:LITTLEWING:20171109232218j:plain

それをもぐだなんてとんでもないww

胸の大きな女性に対してなら「もぐ」という単語を聞いたことありますけど

まさか「足」をもぐなんて話が出ようとは・・・(^^;;

 

思わぬ形で身の危険にさらされた兎角の運命やいかに?!w