広告

【リングドリーム】己虎、多摩女入り

f:id:LITTLEWING:20171024230721j:plain

多摩女への謝罪から約1ヶ月、片道3時間はかかると言っていたのに

なんと週3でやってきて、会社の手伝いや

練習に参加しているという己虎。

 

f:id:LITTLEWING:20171024231137j:plain

f:id:LITTLEWING:20171024231151j:plain

前回、謝罪の際に来ていた「滅私奉公」Tシャツ。

ああいうセンスなのかとちょっと思ったりもしましたが

どうやら反省の意味で着ていたようで。

しかし、それが逆に望宮には良く思われていなかったようで

だったら普通の服の方がましかなと、今回はこのような出で立ちで。

この手のおしゃれにはとんと疎いのでわかりませんが

今の若い子ではこれが普通なのか・・・。

f:id:LITTLEWING:20171024231210j:plain

f:id:LITTLEWING:20171024231215j:plain

そんな衣服の話はさておき、

やはり望宮は未だに己虎の事を許してはくれないようで、

目も合わせてくれない時すらあるんだとか。

f:id:LITTLEWING:20171024232502j:plain

ただ、ことがことだけに

どんなに言い訳しても説得力がないだろうからと、

前述の通り週3で通い詰めて行動で示そうとしている己虎。

望宮もそれはわかっているはずだから

許すタイミングを計っているのでは?との白木談。

f:id:LITTLEWING:20171024232822j:plain

f:id:LITTLEWING:20171024232832j:plain

f:id:LITTLEWING:20171024232847j:plain

f:id:LITTLEWING:20171024232854j:plain

f:id:LITTLEWING:20171024232901j:plain

「だーれーなーのー!」とか

思わずコール入れたくなるような言い回しはさておき

(わかんない人の方が多いと思うのでスルーしてくださいw)

ついに入団について話を切り出す小原さん。

「許されるものなら」と、一応前向きなところを見せる己虎ですが

小原さんからしてみれば、負い目に感じての行動なら

もう十分だと、無理することはないんだと。

f:id:LITTLEWING:20171024234615j:plain

f:id:LITTLEWING:20171024234621j:plain

しかし己虎は、義務感とかそういうものじゃないんだと反論。

プロレスが好きで、プロレスラーになりたいという気持ちはマジなんだと。

 

でも、この気持ちが一生続くかと言われればそれはわからないわけで。

生涯を捧げる覚悟があるかと言われたら、多分そこまではないかなー

・・・というのが今の己虎の正直な気持ち。

こんな事を言ったら、生涯現役みたいな小原さんは

怒るんじゃないかとビクビクしていたわけですが

f:id:LITTLEWING:20171024234634j:plain

小原さんの返答は「むしろそれでいい」と意外なお言葉。

はじめから「一生プロレスしかない」という人間よりも

それ以外の生き方もするかもしれないという人間の方が

いざというときにはタフなんだとのこと。

 

結局、己虎は今の考えのままでいいんだ、という結論に。

そんな己虎、大学はこちらの方を受験する予定なんだとか。

さすがに片道3時間は厳しいですからねー(^^;;

そして大学に合格したら、こちらで一人暮らしを始めるのだとか。

f:id:LITTLEWING:20171024234643j:plain

f:id:LITTLEWING:20171024234649j:plain

そんな己虎の懐事情を心配してのことなのか、

「小原さんのところに居候」という選択肢を提案してくれるわけですが

それはさすがに即座に拒否。

まあこういうのはさすがにねーw

たとえ相手を嫌っているわけでは無くても、

四六時中上司と一緒というのは息が詰まりますからね。

ともあれ、己虎もこれで多摩女の一員として迎え入れられたわけですかね。

紆余曲折あったけれど、めでたしめでたし・・・かな?