広告   

【リングドリーム】宴はまだ終わらず?

f:id:LITTLEWING:20171021165908j:plain

f:id:LITTLEWING:20171021165914j:plain

f:id:LITTLEWING:20171021165944j:plain

かつて、次へと進む道があるのなら挑戦すると、

二言はないとハッキリ一ノ瀬を目の前に啖呵を切った白面さん。

しかし結果は、残念ながらSHIROKAGE敗退となり

ベルトへの挑戦は、主役の座はライオットに持って行かれてしまいました。

 

f:id:LITTLEWING:20171021171313j:plain

f:id:LITTLEWING:20171021171318j:plain

f:id:LITTLEWING:20171021171324j:plain

前回の敗戦が底だと思いきや、更なる底があったのかと

相当凹んでいる白面さん。

しかし、真剣に上を目指している人間は

このような屈辱は何度も味わっているもの。

そう思うと、何度挫折しても常に前向きで

へこたれないこがねは本当に凄いんだなと思わず尊敬しそうにw

一ノ瀬曰く、「へこたれない」にも二種類あって、

1つは現実を受け止めた上で前に進むタイプ。

もう1つは現実が見えていないからたいして堪えないタイプ。

こがねはまさに前者であり、

後者の例という意味では、海外遠征する前の一二三がそうだったのでしょう。

(このくだりで、一二三早く出せと騒いでる人もいましたけど、

 そもそもリデザを誰も引き受けてくれないとかで以降そのままじゃ?)

 

そんなこがねの話はさておき、大一番で連敗を喫した白面さん。

今後をどうするかという話になるわけですが

残念ながら次に進むための説得力、「実績」がない。

それは、これまで道化として立ち回ってきた自分自身の行動が原因なので、

これからは目的意識をもって実績を積み上げていくつもりだと。

f:id:LITTLEWING:20171021173159j:plain

f:id:LITTLEWING:20171021173208j:plain

そんな白面さんに、手を差し伸べようとする一ノ瀬。

滝沢との試合では、内容ではむしろ押していたように思えるし

タッグでも中盤まではいい流れだった。

それに、何よりも彼女の試合には華があったから。

だから、ここで埋もれさせてしまうには惜しいと

一ノ瀬だけでなくフロントもそう思い、

よかったら力を貸すと言ってくれたのですが・・・

f:id:LITTLEWING:20171021181512j:plain

f:id:LITTLEWING:20171021181520j:plain

白面さんの答えはNO。

確かに、ここ2試合の内容は自分でも悪くないと思えるものだった。

それに、一ノ瀬さんにもずいぶんと貸しがある。

提案としてはこれほど魅力的なものもないのでしょうけど

一ノ瀬さんは今回、白面さんの戦いの外にいた。

そんな、流れの外から力を借りるというのは自分の美学に反するからと。

結局、一ノ瀬の手は取らずに自力で何とかすると返答するわけですが

具体的な策などもちろんあろうはずもなく。

そんなところへ・・・

f:id:LITTLEWING:20171021182425j:plain

f:id:LITTLEWING:20171021182430j:plain

f:id:LITTLEWING:20171021182449j:plain

「話は聞かせてもらった!」とばかりにやってきた細野。

だったら自分の手を取れと迫ります。

っていうか、その話をどこで聞いたのかと思ったら

実はあのお店に一緒にいたというではないですか。

一体何処に??

f:id:LITTLEWING:20171021182659j:plain

そんなのわかるかー!(ノ ̄□ ̄)ノ ~┻━┻

っていうか、これでもわかりにくかったので

画像を2つ並べてみました。

f:id:LITTLEWING:20171021182745j:plain

たぶん、こんな感じだった・・・のかな?(^^;;

 

それはさておき、自分の手を取れと言った細野。

それで一体どうしようというのかというと

f:id:LITTLEWING:20171021183131j:plain

そう、細野は山口と戦いたかったのが理由で参戦していたため、

その山口がナウリーダーの壁役から脱落した時点で

挑戦権自体を使う機会がなかったんですよね。

それを、SHIROKAGEとして

タッグで上の世代への挑戦に使いたいと申し出るつもりだというのが

細野の考えた作戦。

 

シングルではいまいち目標が定まらなかった彼女。

しかし、ホワイトフェイスとのタッグは面白かったし、手応えも感じた。

またやりたいと思った。

けれど、元々は悪役と正規軍、別々の陣営に籍をおく2人。

一旦間をおいてしまったら、次組む時にはまた理由が必要になる。

でも今なら「コンティニュー」で済むから。

だから・・・

f:id:LITTLEWING:20171021183420j:plain

f:id:LITTLEWING:20171021183427j:plain

珍しく饒舌な、細野からのラブコール。

f:id:LITTLEWING:20171021183945j:plain

細野とのタッグには、白面さんも手応えを感じてはいたのですが

返事については一旦保留ということに。

前向きに考えてはいると思うのですが

果たして、白面さんの回答は・・・?

広告を非表示にする