広告   

【リングドリーム】誰かのためではなく自分のために

f:id:LITTLEWING:20171016212605j:plain

f:id:LITTLEWING:20171016212614j:plain

大木に勝利し、新たなセヴンスター王者となった紅蓮。

そのお祝いということで、今回はこがねのおごりで

「牛丼で乾杯!」

なお、最初は「牛丼は乾杯するものじゃない」と否定していた紅蓮も

ソニックをはじめ、山口、加藤、KATON、吉井といった

乾杯している面子に

「あっちゃんがおかしいって言ってたけどどう思う?」

って聞いてみるねと言った途端

f:id:LITTLEWING:20171016213016j:plain

あっさり前言撤回したわけですがww

 

f:id:LITTLEWING:20171016213051j:plain

そんな話はさておいて先日の試合ですが

こがねももっと接戦になるものだと思っていたようで。

それが、石狩相手に競り勝った大木が持ち味を全然出せずに完敗。

f:id:LITTLEWING:20171016213229j:plain

そのせいで、大木は絶賛落ち込み中とか。

まあ・・・そうなりますわなぁ(^^;;

それが加藤とのタッグにまで響くとさすがにまずいので

早いうちに気持ちを切り替えてもらいたいところですが。

f:id:LITTLEWING:20171016213335j:plain

ただ、勝った方の紅蓮もそこは反省していて

勝つことに夢中になるあまり、

試合を作るとかそういう事を全く考えられなかったのだとか。

ガチな試合もたまにはありだと思いますが

これが度を越すといわゆる「塩試合」とか言われてしまうので

そのあたりのさじ加減がうまく出来るのが理想なんでしょうが

若い紅蓮はその辺り、すっ飛んでしまったのでしょう。

f:id:LITTLEWING:20171016213544j:plain

f:id:LITTLEWING:20171016213554j:plain

しかしこがねは、私に対しても全力で来いと。

そして私も全力でやり返すからとガチンコ宣言。

いや・・・まあ、お互いガチならありなのか?(^^;;

どちらにせよ、紅蓮にとっては

セヴンスター最大の難所がこのこがねになるでしょうからね。

f:id:LITTLEWING:20171016214525j:plain

f:id:LITTLEWING:20171016214531j:plain

f:id:LITTLEWING:20171016214538j:plain

f:id:LITTLEWING:20171016214543j:plain

だからこそ、そんなこがねを倒し

「真のセヴンスター王者」となれば

そんな弟子を師匠も誇りに思ってくれるのでは?

と思った紅蓮なんですが

f:id:LITTLEWING:20171016214739j:plain

f:id:LITTLEWING:20171016214748j:plain

f:id:LITTLEWING:20171016214753j:plain

f:id:LITTLEWING:20171016214759j:plain

弟子達の事は、とうの昔に誇りだと思っているという十両

そして、誰かのために戦うのは確かに尊い事だけれども

それが常になってはならない、と師匠らしく弟子を諭します。

f:id:LITTLEWING:20171016214804j:plain

だから、こがねとの試合は

自分自身のために試合をするようにと課題を与えます。

 

なんていうか・・・すっかり師匠らしくなられましたなぁ。

確かに、師匠の名誉のためにというのも大事だとは思いますが

それだけではやはりダメなんでしょうね。

レスラーたるもの、自身のために勝利を掴もうとしなくては。

 

そんなわけで、十両に目を覚まさせられた紅蓮ですが

相手は「あの」こがねですからねw

果たしてどんな戦いが待っているのやら・・・。

広告を非表示にする