広告

【リングドリーム】SEVEN DAYS DESTROY GATE 3試合目 食罪 VS We Can Fly

f:id:LITTLEWING:20171007172257j:plain

「SEVEN DAYS DESTROY GATE」3試合目は

レジスタンス内の格付けマッチ。

一応キャリア的には、蓮根、玉子組に

笠松、岡部組が挑む形ではありますが、

キャリア通りの結果となるのか、それとも・・・?

 

青コーナー 笠松鏃、岡部いんこ組

f:id:LITTLEWING:20171007172851j:plain

f:id:LITTLEWING:20171007172900j:plain

f:id:LITTLEWING:20171007172906j:plain

f:id:LITTLEWING:20171007172913j:plain

次期エース候補と言われ続けてきた笠松ですが

「次期」「候補」の文字は未だに取れず。

しかし、肉体のピークというものはそうは長く続かないため

1日でも早く上に上がり、エースとして長く活躍したいと言います。

そのためにもこの試合で「結果を出す」と約束。

f:id:LITTLEWING:20171007180824j:plain

f:id:LITTLEWING:20171007180848j:plain

f:id:LITTLEWING:20171007180856j:plain

f:id:LITTLEWING:20171007180904j:plain

そんな笠松とタッグを組んではいるものの、

今は「オマケ」と言われても言い返せない岡部。

しかし、いつまでもそんな立場に甘んじているつもりはなく

いつかはちゃんと五分の立場で笠松と組みたい。

だから、対戦相手だけじゃなく

笠松にも負けない!そんな気概でいようと自身に気合いを入れます。

 

赤コーナー 蓮根、玉子組

f:id:LITTLEWING:20171007181325j:plain

f:id:LITTLEWING:20171007181330j:plain

f:id:LITTLEWING:20171007181336j:plain

タッグ名が付いたということは、

正式なタッグとして今後も活動すると思ってもいいのでしょうか?

それにしても・・・色々とひどいなw

その後、笠松が蓮根の知識に詳しくなった事に触れたことから

玉子も豆知識をひけらかすのですが

f:id:LITTLEWING:20171007181712j:plain

f:id:LITTLEWING:20171007181723j:plain

f:id:LITTLEWING:20171007181730j:plain

まじめにやろうよwww

f:id:LITTLEWING:20171007182154j:plain

f:id:LITTLEWING:20171007182206j:plain

f:id:LITTLEWING:20171007182215j:plain

そんな寸劇を一通りこなした後、

ようやくレスラーとして真面目な言葉を。

先輩としての意地を見せ、下克上をここで食い止めようとする2人。

 

解説および試合

コメンテーターは、レジスタンス「現」ナンバー2の岸田。 

可能性としては高くはないとはいえ

笠松がこれ以上のし上がってくるようだと

ナンバー2の座もわからなくなりますからね。

f:id:LITTLEWING:20171007183613j:plain

そんな、ナンバー2の立場云々という話をするだけあって

現状の勢いでは笠松達の方が上だと。

そもそも笠松は、その身体能力を買われて他競技から転向してきた選手。

フィジカル面では元々優れていたわけです。

f:id:LITTLEWING:20171007183920j:plain

f:id:LITTLEWING:20171007184056j:plain

しかし、それだけでは勝てないのがプロレスの世界。

実際、笠松は「次期エース候補」として期待され、

あと少しというところまでは行くというのに

ここぞというところで結果が出せずに来ました。

それを、「プラスアルファ」が不足していたと岸田は言います。

「食罪」の2人に勝利するためには

その不足していた部分を補えたか否かがポイントとなりそうですが

試合は最初から「We Can Fly」が飛ばしていきます。

序盤に「食罪」が優勢になるPFもありはしましたが

基本は「We Can Fly」4-0の状態で

このまま最後まで行ってしまうのでは?と思えたほど。

しかしこれでは先輩としての意地を見せていないと、

ハンゲで「食罪」が反撃開始。

なんとかハンゲだけは取り返して3-1で決着となりました。

 

正直、あの寸劇で「食罪」が持って行くんじゃないかとも思えましたが

それよりも笠松がどこまで駆け上がるかを見たい

と思った方が多かったということでしょうか。

実際、人数ではニコだけはほぼ同数だったけれど

それ以外は「We Can Fly」の支援の方が多かったようですし。

でもこうなると、いよいよ岸田と円陣も

迎え撃つ準備が必要になりそう・・・ですかね?