広告   

【リングドリーム】SEVEN DAYS DESTROY GATE 1試合目 殺人蜂五月雨 VS 姫麻呂町由岐

f:id:LITTLEWING:20171005205024j:plain

今回の7連戦も、FWWW興行と東女興行の2本立て。

これで5回連続になります。

一時期、FWWWの興行に全く触れなかった時期が嘘かのようですw

で、1試合目はそのFWWW興行の方から、

ヤンドラ杯予選へ送り込む最後のメンバーを決める試合、

殺人蜂五月雨 VS 姫麻呂町由岐をお送りします。

 

青コーナー 姫麻呂町由岐

f:id:LITTLEWING:20171005205902j:plain

f:id:LITTLEWING:20171005205910j:plain

前回のヤンドラ杯では、森住を降して

FWWWの代表の1人として参戦はしたものの

優勝候補だった千鶴という壁を突破できず。

その前回の雪辱を果たすためには

ヤンドラ杯参戦の最後の椅子を是が非でももぎ取りたい姫麻呂。

f:id:LITTLEWING:20171005210628j:plain

f:id:LITTLEWING:20171005210637j:plain

f:id:LITTLEWING:20171005210647j:plain

ここで、

「私が勝って、あなたの想いも背負っていくから」

みたいな事を言えば格好が付くのかもしれないですが

正直、殺人蜂との間にそこまで言える関係は築いていないので

ここは単純に

「全力でやり合おう」

という言葉だけで済ませます。

 

赤コーナー 殺人蜂五月雨

f:id:LITTLEWING:20171005211314j:plain

f:id:LITTLEWING:20171005211322j:plain

しかし、殺人蜂は「グダグダと前置きが長い」とピシャリ。

ヤンドラ杯に参戦出来る最後の椅子を争うこの試合、

今更言葉など不要だと言い捨てます。

f:id:LITTLEWING:20171005211550j:plain

f:id:LITTLEWING:20171005211559j:plain

f:id:LITTLEWING:20171005211606j:plain

f:id:LITTLEWING:20171005211622j:plain

「全力でやり合おう」という言葉すら

そんなのは当たり前だと切って捨てる殺人蜂。

なれ合うつもりなど毛頭無いといった雰囲気です。

 

解説および試合

コメンテーターは、シード権で先にヤンドラ杯参加権を得ている小天狗ですが

f:id:LITTLEWING:20171005213023j:plain

決め手を欠くという欠点はあるものの

基本的には、正統派である姫麻呂が有利との予想。

というのも、殺人蜂は

正統派で安定性のある姫麻呂とは全く真逆で決め手しかないタイプ。

f:id:LITTLEWING:20171005213248j:plain

f:id:LITTLEWING:20171005213255j:plain

f:id:LITTLEWING:20171005213301j:plain

殺人蜂の格好からなんとなくそうではないかと皆思ってはいたんでしょうが

やっぱりパンチ主体のタイプなんですねw

水面蹴り必須ですか?(トニー・ホームじゃねえよ!

 

それはともかく、寝技勝負になったら掴むことも出来ないだろうから

殺人蜂としてはワンチャンで一気にたたみかける必要がありそう。

そんな、小天狗の予想通りなのか、

支援の人数的にはやはり姫麻呂が全PFで優勢。

しかし、pt的には意外にも?殺人蜂が奮闘を見せて2-2の五分。

 途中であちこち有利不利が入れ替わったりもするんですが

最終的にはやっぱり2-2に戻ってそのままフィニッシュ。

pt勝負の結果は・・・

    殺人蜂 姫麻呂  
ヤバゲ × 14,413,828 14,879,811
mixi × 5,638,761 6,133,546
ニコ 7,868,366 7,452,702 ×
ハンゲ 3,862,483 3,804,791 ×
TOTAL   31,783,438 32,270,850  

約48万pt差で姫麻呂勝利!

ヤバゲ、mixi共に40万台の差をつけており

ニコでそのいずれか一方くらいは相殺しかけたんですが

いかんせんハンゲでは5万しか差を付けられなかったため

そこの差が出てしまったかなーと。

 

ちなみに私は殺人蜂側についてはいたんですが

正直ここまで接戦になるとは思ってなかったんですよね(^^ゞ

言動からしても、嫌われる要素の方が多いと思いますし

実際、試合後にもツイッターで貶してる人がいたのでブロックしたくらいですし。

ただね、リンドリはプロレスを題材にしたゲームなんだから

この手のキャラだって存在する価値はあると思うわけですよ。

もちろん、好き嫌いは人それぞれなので

好きになれよと強要する気はさらさらないですが、

こういうキャラの存在を認めてやってもいいんじゃないかなー

と個人的には思ったりした試合でした。

 

なお、そんなに殺人蜂のことが好きか?

と言われたらそこまでではないんですけどねw

広告を非表示にする