広告

【リングドリーム】狩りのはじまり

f:id:LITTLEWING:20170925183252j:plain

f:id:LITTLEWING:20170925183258j:plain

f:id:LITTLEWING:20170925183304j:plain

吉井とKATONの試合に触発された成田が

先日、KOMに名乗りを上げました。

挑まれる吉井としては、

「挑みたい」という意思と、筋肉さえあれば

試練なんて必要ないと思ってはいるんですが・・・

 

f:id:LITTLEWING:20170925183540j:plain

f:id:LITTLEWING:20170925183547j:plain

f:id:LITTLEWING:20170925183553j:plain

プライベートな事ならそれでもいいが

プロレスは観客がいて初めて成り立つもの。

だから、成田がKOMに挑む刺客があるということを

観客にも認めてもらわなければならないのだと

成田は言います。

吉井もその言には同意せざるを得ないので

結局「筋肉狩り」という名の試練はそのまま行われることに。

成田の狩る対象としては自分に近い世代の筋肉ということで

f:id:LITTLEWING:20170925184012j:plain

1人はカーボン乗杉。

成田の1年上で、最初のKOM選抜戦にも参加。

結果は残念ながらクラウディアに敗北しましたが

これからKOMに挑もうという成田にしてみれば無視できない存在。

f:id:LITTLEWING:20170925184020j:plain

そしてもう1人はフリーザー片倉。

成田とは同じ2011年デビューの彼女。

2年前のヤンドラ杯では、予選で最も多くの試合を組まされたり

ようやく決勝トーナメントに上がったと思ったら

ぽひと当たって持ち前のパワーを発揮できなかったりと

ちょっと運が悪い感はいなめない片倉ですが

その予選では、巨漢の山吹相手に

ラリアットで3カウント取れるほどのパワーの持ち主。

この両者を狩ることが出来れば、

成田は晴れてこの世代の筋肉代表としてKOMに挑めるわけです。

いわば、筋肉の世代闘争。

f:id:LITTLEWING:20170925185246j:plain

f:id:LITTLEWING:20170925185253j:plain

そんな話の流れから、ナウ・マッスル、ニュー・マッスルなんて

言い出した所までは良かったんですが

略して「ナッスル」「ニッスル」は正直どうかと思うの・・・(^^;;

 

まあ、そんな名称についてはさておき

当然この話は、ターゲットである片倉の耳にも届きます。

f:id:LITTLEWING:20170925185527j:plain

f:id:LITTLEWING:20170925185534j:plain

f:id:LITTLEWING:20170925185540j:plain

f:id:LITTLEWING:20170925185545j:plain

「狩っていいのは狩られる覚悟のある奴だけだ」

っていうのが格言かどうかはともかく、

逆に成田を狩る事で片倉がKOMに殴り込みをかけるのは当然あり。

むしろ、プロレスラーたるものそうでなくては!

ヤンドラ杯ではいいところを見せられず、

それ以降はご無沙汰って感じでしたから

このチャンスを逃す手はないでしょうね。

しかし、それは成田だって同じ事。

果たして、どちらが筋肉狩りを果たすことになるのか?