広告

【リングドリーム】スペシャルワンマッチ ヘカトン慧子 VS ギガント森住

f:id:LITTLEWING:20170916114204p:plain

今回のスペシャルワンマッチは、ヘカトン慧子 VS ギガント森住。

東女よりも先行し、早くもヤンドラ杯予選が始まります!

 

f:id:LITTLEWING:20170916114320j:plain

f:id:LITTLEWING:20170916114329j:plain

f:id:LITTLEWING:20170916114335j:plain

前々回のヤンドラ杯では、ぽひが見事優勝。

そして前回も、シード権を持ったぽひ以外にも

小天狗が決勝トーナメントまで進出。

そんな実績を評価してくれたのか、

今回FWWWに用意された枠は「4枠一試合」。

4人分の枠を用意してくれ、東女側の選手と一戦して

勝利すれば決勝トーナメントへと進出出来るというもの。

今回は、東女側の該当選手が減ったからとはいえかなりの優遇。

うまくいけば、決勝トーナメントの半分を

FWWWの選手が占める可能性だってあるわけですからね。

f:id:LITTLEWING:20170916114857j:plain

f:id:LITTLEWING:20170916114902j:plain

FWWWで、ヤンドラ杯に参加資格のある選手は

小天狗、姫麻呂、太堂、ヘカトン、森住、殺人蜂、三浦の7名。

ここから東女と試合する4名にまで絞ります。

ただ、当然奇数なので試合をして絞るにしても1人余ります。

f:id:LITTLEWING:20170916115354j:plain

なので、そこはやはり前回決勝トーナメントまで勝ち進んだ

小天狗をシード扱いにして、残り6人であと3枠を競ってもらうことに。

f:id:LITTLEWING:20170916115740j:plain

f:id:LITTLEWING:20170916115747j:plain

f:id:LITTLEWING:20170916115807j:plain

そして決まったのがこの組み合わせ。

f:id:LITTLEWING:20170916121830j:plain

f:id:LITTLEWING:20170916121839j:plain

f:id:LITTLEWING:20170916121848j:plain

ヘカトンと森住の組み合わせは、どう見ても意図的なもの。

「勝った方がFWWWのパワー代表」といって盛り上がる2人ですが・・・

 

f:id:LITTLEWING:20170916122010j:plain

f:id:LITTLEWING:20170916122016j:plain

デスヨネーw

まあ、ゆにの主張は今回はスルーしましょう。

主役はあくまでもこれから試合をするヘカトン、森住両名ですから。

ちなみに、その両者の戦績を見ると・・・ 

ヘカトン慧子 2-5
× ネオ・ジュエリーズ VS 呪鈴頭 後日談  
× カース伏久VSヘカトン慧子    
○ グレイ綾野 VS ヘカトン慧子    
○ ヘカトン慧子 VS 姫麻呂町由岐    
× 小天狗、ヘカトン組 VS 赤ずきん、森住組    
× ヘカトン・赤鬼・御門組VS岸田・聖光院・兎澤組    
× 山崎&ヘカトン&鈴木VS赤ずきん&姫麻呂&森住    

 

ギガント森住 2-1
× ギガント森住 VS 姫麻呂町由岐[ワンマッチ]    
○ 小天狗、ヘカトン組 VS 赤ずきん、森住組    
○ 山崎&ヘカトン&鈴木VS赤ずきん&姫麻呂&森住    

このような感じに。

2人とも、前回のヤンドラ杯では予選で敗退。

共通する対戦相手というと姫麻呂戦がありますが

ヘカトンは勝っていて、森住は負けています。

ただ、過去の直接対決では

タッグだったとはいえ、2度とも森住が勝っているという

なんか良い感じで競っている感じがしますね。

 

しかし今回はそんな競ったような展開とはならず

まさか?のヘカトンワンサイドに。

多少有利かな?くらいには思っていましたが

よもやそのまま4-0で決着がついてしまおうとは・・・(^^;;

f:id:LITTLEWING:20170921204711p:plain

ともあれこれで、ヘカトンとしては

前回同様東女の選手と当たれるところまでは駒を進められたことに。

その前回は、伏久相手にワンサイドで負けてしまったわけですが

今回のヘカトンは果たして・・・?