広告   

【リングドリーム】嬉しさと悔しさと不甲斐なさと

f:id:LITTLEWING:20170911203214j:plain

f:id:LITTLEWING:20170911203220j:plain

f:id:LITTLEWING:20170911203225j:plain

レジスタンスの内部抗争という形で

笠松、岡部組と当たったサクリファイ子。

結果は笠松、岡部組の勝利だったわけですが

この試合で2人の成長をひしひしと感じた様子。

 

f:id:LITTLEWING:20170911203551j:plain

f:id:LITTLEWING:20170911203557j:plain

2人がこの4年でずいぶんと成長したという話から

ふと4年前にあかりの膝を食らった事を思い出すサクリファイ子。

f:id:LITTLEWING:20170911204149j:plain

「龍輪舞 ~time after time~」にて赤ずきんを捜していた際に

あかりと偶然遭遇し、マジカルニーリフト1発で

十字架にヒビ入れられたんでしたっけ(^^;;

その時は「こんな一撃を放つレスラーがこの世にいるのか」

と衝撃を受けたそうですが、その後ナイトメアの面々からも

同等以上の技を食らって世界の広さを知ることに。

f:id:LITTLEWING:20170911204522j:plain

f:id:LITTLEWING:20170911204530j:plain

f:id:LITTLEWING:20170911204536j:plain

そして今回、笠松から食らった技から

あのときのあかりの一撃に近いものを感じたと。

FWWWで育った選手が、それだけの技を出せるようになったと。

それは、同じFWWWの選手としては喜ばしい事。

しかし・・・

f:id:LITTLEWING:20170911204814j:plain

後輩の成長が喜ばしい反面、

負かされた事が悔しくもあり、不甲斐なく思うサクリファイ子。

それはおそらく、パートナーだった小田藤も同様。

f:id:LITTLEWING:20170911205024j:plain

f:id:LITTLEWING:20170911205029j:plain

f:id:LITTLEWING:20170911205036j:plain

笠松の成長をずっと見守ってきた彼女達にしてみれば

そんな彼女の成長が嬉しくないはずがない。

とはいえ、いちレスラーとしては

追い越されるのを素直に喜べるはずもなくやはり複雑ですよね(^^;;

 

ともあれ、今回見事期待に応えてみせた笠松(と岡部)。

とはいえ、シングル挑戦とかはまだまだ早すぎるでしょうから

ここはタッグの方を岡部と2人で機会を狙う感じになるんですかねー。

広告を非表示にする