広告   

【リングドリーム】RISING CATALYST 7試合目 麗雫 VS シュバルツ・ネーベル

f:id:LITTLEWING:20170907214035j:plain

「RISING CATALYST」メインイベントはTWP世界無差別級選手権試合。

世代闘争を勝ち残ってきたシュバルツが王者、麗に挑戦。

ノンタイトル戦では麗相手に好勝負を演じたシュバルツですが

タイトルマッチでは果たして・・・?

 

青コーナー シュバルツ・ネーベル

f:id:LITTLEWING:20170907214742j:plain

f:id:LITTLEWING:20170907214754j:plain

約3年前、ノンタイトル戦ではありましたがシュバルツは麗と対戦。

2-1で負けはしたものの、その善戦が称えられたわけですが

この当時は

「シュバルツ殿ごときに負けるようでは、王者の資質を問われてしまう」

なんて十両さんに言われてしまうほどでした。

この3年でシュバルツも大きく成長しましたが

麗はというと・・・一度はベルトを失ったものの、

今はまたこうして王者として、シュバルツの前に立ちはだかっています。

f:id:LITTLEWING:20170907215904j:plain

f:id:LITTLEWING:20170907215917j:plain

こうなると、シュバルツも認めるしかない。

麗は時代を動かした。

今の東女は、麗を中心に動いている事を。

とはいえ

f:id:LITTLEWING:20170907220416j:plain

f:id:LITTLEWING:20170907220431j:plain

シュバルツにだって譲れないものがあり、目指したい場所がある。

そのためには、麗を認めるわけにはいかない!

認めるしか無くても断固として受け入れるわけにはいかない!

f:id:LITTLEWING:20170907220630j:plain

f:id:LITTLEWING:20170907220636j:plain

f:id:LITTLEWING:20170907220641j:plain

f:id:LITTLEWING:20170907220647j:plain

だからシュバルツは誓います。

麗を倒し、

挑戦権を持つルシフェルソニックをも倒し、

神崎を倒すことで時代を引き継ぎ、

あたしが目指す時代を、新しい景色を作るんだと。

 

赤コーナー 麗雫

f:id:LITTLEWING:20170907220953j:plain

f:id:LITTLEWING:20170907221000j:plain

ディアナの時と全く同じ返答をシュバルツにもする麗。

ただ、ディアナの時と異なるのは

f:id:LITTLEWING:20170907221439j:plain

f:id:LITTLEWING:20170907221445j:plain

f:id:LITTLEWING:20170907221452j:plain

f:id:LITTLEWING:20170907221528j:plain

これが「同期対決」でもあるということ。

同期とのタイトルマッチ、それも麗の夢の一つでした。

それに、麗達の世代同士でのタイトルマッチが

気がつけば当たり前に。

以前に麗が王者だったときは、

この世代の中でも「麗だけが特別」だったことを考えれば

今の状況は麗としては喜ばずにはいられません。

とはいえ

f:id:LITTLEWING:20170907222058j:plain

f:id:LITTLEWING:20170907222107j:plain

f:id:LITTLEWING:20170907222113j:plain

麗にも、まだかなえたい夢はたくさんあるのだから

そのためにシュバルツの夢を潰すと宣言する王者。

 

解説および試合

コメンテーターは姫小路。

今回の世代闘争のくだりで、シュバルツには思うところのある姫小路さんですが

お仕事上はちゃんと公平にコメントしますw

f:id:LITTLEWING:20170907222920j:plain

f:id:LITTLEWING:20170907222930j:plain

f:id:LITTLEWING:20170907222937j:plain

f:id:LITTLEWING:20170907222943j:plain

今の東女は、

「1年前くらいなら覆らなかった序列が、今なら覆ってもおかしくない」

混沌とした状態だと姫小路は言います。

しかし、その中でも別格の存在となっているのが麗。

なので、その麗を混沌の渦中に引き込めるかどうか、

それが大きなポイントになるだろうとのこと。

で、肝心の勝敗予想については

f:id:LITTLEWING:20170907223409j:plain

f:id:LITTLEWING:20170907223423j:plain

f:id:LITTLEWING:20170907223429j:plain

なんといっても、菊池に勝利することでこの場にたどり着いたシュバルツには

これ以上にないほどの勢いがあります。

ただ、そんな勢いをもってしても崩せないのが今の麗だと。

なので、姫小路の予想では7割以上で麗ということなんですが

そんな予想に反して、試合はまさか?のシュバルツペース。

スタートは麗が優勢だったように見えましたが

気がつけばシュバルツが全PFでリード。

負けじと麗も2-2に戻しますが

しばらくするとまた4-0でシュバルツ優勢に。

麗が菊池にベルトを獲られた試合を除けば、

そもそも麗不利という状況自体覚えがないくらいなので

この展開にはただ驚くばかり。

ただ、人数的にはむしろ麗サイドの方が多い位なので

それだけシュバルツサイドの想いが強いということ?

そうはいってもさすがは王者、簡単にワンサイドなどさせてはくれません。

終盤、ヤバゲで逆転して3-1。

更には試合終了間近になってからmixiも逆転して

土壇場で2-2に戻します。

こうして勝負はトータルptに委ねられることに。

その結果は・・・

    シュバルツ  
ヤバゲ 222,268,583 220,280,440 ×
mixi 156,905,276 154,406,863 ×
ニコ × 160,019,256 187,204,867
ハンゲ × 71,255,652 84,979,192
TOTAL   610,448,767 646,871,362  

約3600万差をつけてシュバルツ勝利

f:id:LITTLEWING:20170907223436j:plain

東女の歴史がまた1ページ・・・。

麗が獲ったヤバゲ、mixiはどちらも百万単位の差でしたが

シュバルツが獲ったニコ、ハンゲは千万単位の差だっただけに

pt勝負になった時点で結果は明らかでした。

 

神崎の手を離れてからは、菊池と麗しか巻けなかったシングル王座のベルト。

ついに・・・ついに2人以外の選手の腰に巻かれる時が来ました。

しかも、新王者となったシュバルツは

その2人両方に勝利しての戴冠ですからね。

この意味は大きいと思います。

出来れば、この勢いでそのまま神崎と・・・と思ってしまいますが

王者への挑戦権を獲得済みの選手が

ルシフェルソニックと既に2名いるため

やはりこちらが優先されることになるのでしょう。

あとは、姫小路もシュバルツとやりたいようですが

こういう状況となってしまった以上、それも後回しにされる可能性が?

今なら、ベルトと女帝直下筆頭の座、

両方かけての勝負とか出来そうなんですけどねー。

 

 

ちなみに決め技となったドーラ列車砲、

ランニング系の技かなと個人的には思っていたのですが

その正体は「片足抱え式パッケージジャーマン」。

投げられた相手の片足が上がっている様が

「ドーラ列車砲」のように見えることからの命名だそうです。

広告を非表示にする