広告   

【リングドリーム】RISING CATALYST 6試合目 マジョラム吉井 VS KATON

f:id:LITTLEWING:20170906224939j:plain

「RISING CATALYST」6試合目はKOM選手権試合。

王者マジョラム吉井に挑戦者KATONが

アメリカで磨いた肉体を文字通りぶつけていきます。

 

青コーナー KATON

f:id:LITTLEWING:20170906225919j:plain

f:id:LITTLEWING:20170906225928j:plain

f:id:LITTLEWING:20170906225935j:plain

f:id:LITTLEWING:20170906225945j:plain

f:id:LITTLEWING:20170906225952j:plain

f:id:LITTLEWING:20170906225958j:plain

「キングオブマッスル」の名を冠するこのタイトルを競う以上

余計な言葉は不用、とばかりに言いたい事を端的に語るKATON。

その言いたい事とはずばり

この団体の「キング」はオレだ。

 

赤コーナー マジョラム吉井

f:id:LITTLEWING:20170906230205j:plain

f:id:LITTLEWING:20170906230212j:plain

f:id:LITTLEWING:20170906230219j:plain

f:id:LITTLEWING:20170906230226j:plain

f:id:LITTLEWING:20170906230233j:plain

f:id:LITTLEWING:20170906230240j:plain

KATONが「余計な言葉は不要」と言うのならば

こちらも語るのは別の機会にして、簡単に返答する吉井。

東女の「キング」はオレだ、というKATONに対して

東女一の「筋肉」を持つのはこの私。

 と。

つまり、「キングオブマッスル」が一番似合うのも自分だと

譲る気持ちは一切なし。

 

解説および試合

コメンテーターは崖ノ下ですが、

彼女自身は両者のような

「そこに立っているだけでプロレスラー」だとわかるような

肉体を持ち合わせてはいないので羨ましくて仕方が無い様子。

f:id:LITTLEWING:20170906230849j:plain

f:id:LITTLEWING:20170906230857j:plain

f:id:LITTLEWING:20170906230905j:plain

そんな、崖ノ下が羨ましがるような両者の戦いだけに

もう理屈などいらないと。

頭をからっぽにして見るべきとまで言います。

f:id:LITTLEWING:20170906231057j:plain

コメンテーターとして呼ばれたはずなのに

勝者予想とかそういったものも無し!

ここは黙って肉体と肉体のぶつかるさまを見届けようぜとばかり。

 

そんな崖ノ下の期待に応えるべく、両者全く譲る気配のない互角の勝負。

試合時間の半分を過ぎても2-2、pt差もわずかという状況。

しかし、3/4を経過した頃にはヤバゲでKATONが逆転して3-1。

ここでようやく挑戦者優勢となります。

とはいえ、吉井側も当然黙ってはおらず

残り3時間あたりでハンゲを取り返して2-2に。

このままpt勝負かと思われたこの試合。

終了まで10分を切ったところでmixiまさかの吉井逆転!

これで3-1となって勝負はついたか?

と思いきやところがどっこい!

あと数分というところで今度はニコでKATON逆転!

またまた2-2に戻ったところで試合終了!

結果は・・・

    吉井 KATON  
ヤバゲ × 80,665,669 81,506,990
mixi 34,525,828 34,292,497 ×
ニコ × 45,176,036 45,463,456
ハンゲ 23,472,927 22,100,388 ×
TOTAL   183,840,460 183,363,331  

約47万pt差で吉井がタイトル防衛!

 

正直今回、互角の勝負ばかりで気が休まらないんですがw

KATONも負けたとはいえ、本当に僅差でしたからね。

大木とのダブル戴冠でタッグへに挑戦・・・

というのも見てみたかったのですが、

タッグの方は道が閉ざされたわけじゃないですからね。

アメリカを騒がせた?紅炎団コンビ、いつかは見てみたいものです。

広告を非表示にする