広告   

【リングドリーム】RISING CATALYST 5試合目 石狩みな VS 大木真琴

f:id:LITTLEWING:20170905212336j:plain

「RISING CATALYST」5試合目はセヴンスター選手権試合。

セヴンスター王者となった石狩最初の相手は

アメリカ遠征で力を付けてきた大木。

実績面ではもちろん石狩が上ですが果たして・・・?

 

青コーナー 大木真琴

f:id:LITTLEWING:20170905221305j:plain

ついに迎えた、石狩との同期対決。

とはいえ、その対戦相手である石狩はセヴンスター王者というだけでなく

1度はタッグ王者にまでなって、まさに出世頭に相応しい活躍っぷり。

f:id:LITTLEWING:20170905221616j:plain

f:id:LITTLEWING:20170905221623j:plain

f:id:LITTLEWING:20170905221629j:plain

そんな同期の活躍が嬉しくないわけでない。

でも、これだけの独走を許していいかと言われれば・・・いいわけがない。

レスラーとして、それは決して許しちゃいけない。

f:id:LITTLEWING:20170905221635j:plain

f:id:LITTLEWING:20170905221641j:plain

だからこそ、石狩の頭をかち割ってでもベルトを奪い取ってみせると

普段の大木からは思いもよらない過激な発言。

f:id:LITTLEWING:20170905222807j:plain

4年前には同期を怪我させてしまった事が原因で

以降、攻撃をためらうようになってしまい

解雇されかけた事もありました。

しかし、そんな大木は既に過去のもの。

渾身の、全力のまさかりチョップで王者を狩りに行きます!

 

赤コーナー 石狩みな

f:id:LITTLEWING:20170905223253j:plain

f:id:LITTLEWING:20170905223301j:plain

出世頭だと褒めてくれた大木に素直に礼を言うものの、

団体全体から見ればまだまだだと気を緩めない石狩。

そして、その厳しさは自分だけにではなく相手にも向けられます。

f:id:LITTLEWING:20170905223444j:plain

f:id:LITTLEWING:20170905223457j:plain

f:id:LITTLEWING:20170905223502j:plain

f:id:LITTLEWING:20170905223509j:plain

f:id:LITTLEWING:20170905223514j:plain

f:id:LITTLEWING:20170905223520j:plain

今の状態が石狩の独走だというのなら、それは今後も続くであろうと。

だからもしそれが不服というのなら、

全力で追いかけてこいとハッパをかけます。

その上で、再度引き離してやるという挑発付きで。

 

解説および試合

今回のコメンテーターは、次の挑戦者でもある紅蓮。

f:id:LITTLEWING:20170905225052j:plain

f:id:LITTLEWING:20170905225104j:plain

 

石狩とこがねのやりとりを見ていて、

「私たちでタイトルマッチをやろう!」と約束したこともあって

紅蓮は大木を応援。

とはいえ、今欲しいコメントはどちらが勝ちそうかといった予想。

それでも大木が勝つと、変わらぬコメントをするわけですが

欲しいのはそう思った根拠とか分析とか・・・

f:id:LITTLEWING:20170905225743j:plain

f:id:LITTLEWING:20170905225819j:plain

f:id:LITTLEWING:20170905225825j:plain

それはコメンテーターとしてはどうなのよw

と思わなくはないのですが

f:id:LITTLEWING:20170905225939j:plain

本人も反省しているようなのでこれ以上は触れてやらない方向でw

 

そして試合の方は、石狩独走・・・とはならず

最初から互角の好勝負。

とはいえ、ptではわずかながらも石狩リード。

しかも時々3-1でPF的にも優勢になることも。

ちなみに、ヤバゲは石狩が、mixiは大木がおさえて

ほぼ動かないといって良い状態なので

勝負の行方はニコとハンゲ次第ということに。

そんな中、ニコでの差を徐々に広げていく石狩。

ハンゲは逆に僅差なのでわからないけれど

ヤバゲとニコで差が開けば、2-2で終わっても大木に勝ち目は・・・。

しかし、残り1時間を切ってからハンゲで大木が差を広げます。

とはいえこれでもまだ2-2。

そこで、大木ニコで最後の一暴れ!

その結果・・・140万差を1時間でひっくり返すことに成功!

つまり・・・大木新チャンピオン誕生!

これには本当に驚かされました。

石狩としては、文字通り足下をすくわれた形に。

先ばかりを見ていた感はありましたからね。

ただ、今回は組長も負けたとあって、

滝沢組的には悪い事が重なってしまった感じですね。

逆に、紅炎団としては大木が勝った勢いで

そのまま次のKOMでもベルトを奪取したいところですが・・・。

 

広告を非表示にする