広告   

【リングドリーム】スペシャルワンマッチ 麗・友野・沓沢組 VS あかり・石狩・星空組

f:id:LITTLEWING:20170812212425p:plain

今回のスペシャルワンマッチは

歴代水着キャンペーンレスラーによる6人タッグマッチ。

麗・友野・沓沢組 VS あかり・石狩・星空組です。

 

f:id:LITTLEWING:20170812212900j:plain

f:id:LITTLEWING:20170812212906j:plain

f:id:LITTLEWING:20170812212921j:plain

f:id:LITTLEWING:20170812212932j:plain

f:id:LITTLEWING:20170812212948j:plain

久しぶりにディスティニーの仲間と組めるということで

試合前からご機嫌の麗。

ラナが首を負傷してからというもの

他メンバーでは麗と実力差がありすぎるということで

地方でもあまり組ませてもらえないようになってしまい

これではなんのためのチームなんだかと思わず愚痴ってしまうほど。

f:id:LITTLEWING:20170812213243j:plain

f:id:LITTLEWING:20170812213253j:plain

そんな麗の不満を解消すべく、

せめて組んでも文句言われないくらいには強くなろうと

ケアが提唱した内部抗争の続き?として

くるみ・沓沢組 VS 森近・ケア組のタッグを行おうとしているのだとか。

内部で緊張感を、という事ではあるのだけれど

やり方を間違えるとディスティニーの長所を殺しかねないので

そこは注意が必要そうですが。

 

なお、そんな2人と組む友野はというと

f:id:LITTLEWING:20170812212819j:plain

f:id:LITTLEWING:20170812212825j:plain

出来れば麗とは反対側のコーナーに立ちたかったというのが正直なところ。

とはいえ、試合メンバーに含むところがあるわけでもなく

何よりこれは「お祭り」なので

あまり拘ることなく全力で楽しむつもり。

f:id:LITTLEWING:20170812212834j:plain

f:id:LITTLEWING:20170812212841j:plain

と言いながらも、せっかくだからあかりの首を狙ってみよう

と思うくらいの野心はやはり持ち合わせているようで。

 

そんな感じで、どちらかといえば

お祭りムードが強めの赤コーナーですが

対する青コーナーはというと

f:id:LITTLEWING:20170812215218j:plain

f:id:LITTLEWING:20170812215226j:plain

f:id:LITTLEWING:20170812215232j:plain

現王者の麗が相手ということで、相手にとって不足はないどころか

むしろ自分達の方が不足していると言われかねないレベルと

若干自虐が入りますが、闘志で負ける気は全くなく

「お祭りだから」で済ますつもりもない様子。

f:id:LITTLEWING:20170812215508j:plain

f:id:LITTLEWING:20170812215519j:plain

f:id:LITTLEWING:20170812215527j:plain

実力で1枚劣る沓沢が狙い目なのは確か。

とはいえ、チームの総合力ではあちらが上とあかりが言うと

同期ということもあり新人の頃はよく組んでいた

石狩、こがねの連携はあちらを上回ると自信のほどを見せます。

f:id:LITTLEWING:20170812215537j:plain

f:id:LITTLEWING:20170812215612j:plain

この後のセヴンスターに少しでも箔を付けたい石狩。

f:id:LITTLEWING:20170812215619j:plain

f:id:LITTLEWING:20170812215627j:plain

箔とかはどうでもいいから、とにかく麗と絡めるチャンスを大事にしたいこがね。

f:id:LITTLEWING:20170812215634j:plain

f:id:LITTLEWING:20170812215641j:plain

サンモニのリーダーとして、メンバーにいいところを見せたいあかり。

三者三様目的は異なりますが、お祭り気分など微塵もない青コーナー。

 

そんな両チームの対決ですが

序盤はやはり麗率いる赤コーナーの方が若干優勢。

とはいえ、ニコ以外はどこも僅差なので

ちょっとしたきっかけで戦況がひっくり返る可能性も。

しかし、終盤その戦況は更に赤コーナーへと傾き、ついに4-0。

ただ、PF別の差自体はニコを除けばどこも100万以内。 

残り数時間というところで、青コーナーの逆襲が始まります。

ハンゲで約10数万差をひっくり返し

更には最も差があった、200万以上の差があったニコをひっくり返してついに2-2。

pt勝負へともつれ込ませます。

その結果は・・・

    麗・友野・沓沢組 あかり・石狩・星空組  
ヤバゲ 46,877,053 46,853,376 ×
mixi 21,310,202 20,100,376 ×
ニコ × 25,585,043 26,085,242
ハンゲ × 9,636,483 10,015,219
TOTAL   103,408,781 103,054,213  

約35万差で麗・友野・沓沢組の勝利

f:id:LITTLEWING:20170818185810p:plain

勝敗の分かれ目はヤバゲ。

なんと、約2万3千pt差という本当に僅差!

これを青コーナーがひっくり返していれば

逆に3-1で勝利だったわけですからね。

麗のいる赤コーナー一方的な展開になるのかと思いきや

思いのほか好勝負となりました。

残念ながら箔を付けることは出来なかったかもしれませんが

現王者と直接ぶつかれた事は良い経験にはなったかも?