広告   

【リングドリーム】RISING HEAT VEIL 7試合目 麗雫 VS ディアナ・ライアル

f:id:LITTLEWING:20170803162010j:plain

「RISING HEAT VEIL」メインイベントはTWP世界無差別級選手権。

ナウリーダーの壁を突破したディアナ・ライアルが

王者麗に挑みます。

 

青コーナー ディアナ・ライアル

f:id:LITTLEWING:20170803162421j:plain

f:id:LITTLEWING:20170803162428j:plain

 

f:id:LITTLEWING:20170803162746j:plain

f:id:LITTLEWING:20170803162754j:plain

誰にも師事すること無く、見取りと独学でここまでに至った麗。

それは、天才を越えてもはや異能だと、

才能は自分よりも上だとソニックが評価していたほど。

そんな麗だからこそ、神崎の手を借りずに新しい東女の景色を、

「自分の世界」を作る事を目標に出来たのだろうと。

そして、その目標へと至る前段階として

掲げられたのが今行っている世代闘争、ということなのだろう。

f:id:LITTLEWING:20170803162806j:plain

f:id:LITTLEWING:20170803162812j:plain

f:id:LITTLEWING:20170803162821j:plain

f:id:LITTLEWING:20170803162826j:plain

自分達の世代がそろそろ東女の中心となるべき

と思っていたディアナとしては、世代闘争には賛成だし

そのためなら共闘もするけれど、

麗が「自分の世界」を作ろうというのには賛成できないディアナ。

ソニックに拾われて、この世界で生きていく術を教わった彼女にとって

過去は切り捨てられない、

いや、切り捨てたくないものだから。

f:id:LITTLEWING:20170803164004j:plain

f:id:LITTLEWING:20170803164014j:plain

「これまで」を引き継いでいきたいディアナ、

世代交代はさせても独走はさせないと、

ここで麗を止めると勝利宣言。

 

赤コーナー 麗雫

f:id:LITTLEWING:20170803164250j:plain

f:id:LITTLEWING:20170803164300j:plain

そんなディアナの「止める」宣言を聞いても

それならそれで世代交代は一歩進むからと涼しい表情の麗。

f:id:LITTLEWING:20170803164427j:plain

f:id:LITTLEWING:20170803164435j:plain

f:id:LITTLEWING:20170803164443j:plain

f:id:LITTLEWING:20170803164510j:plain

ソニックに師事して、ソニックファミリーの一員として

「これまで」の東女を引き継ごうというディアナ。

しかし、ディアナも言っていたように

誰にも師事しなかった麗にはその引き継ごうとするものがなく、

あくまでも「ディスティニー」が始まりなんだと。

大前提が異なるため、引き継ごうとする者達の気持ちが

自分にはわからないのかもしれないと言い出します。

 

f:id:LITTLEWING:20170803165411j:plain

f:id:LITTLEWING:20170803165417j:plain

f:id:LITTLEWING:20170803165423j:plain

だから、最終的には相容れない事はわかりつつも

世代交代という途中の道は同じはずだから

道を違えるところに到達するまでは

共に新しい歴史を築いていこう・・・そう語りかけます。

 

解説および試合

コメンテーターは、ナウリーダーの壁だった菊池に勝利して

次の挑戦が決まっているシュバルツ。 

f:id:LITTLEWING:20170803165846j:plain

f:id:LITTLEWING:20170803165853j:plain

f:id:LITTLEWING:20170803165859j:plain

彼女曰く、「決意表明ながいわ!」とw

「オレサマ、オマエ、マルカジリ」くらい簡潔にしろとおっしゃいます。

(※あくまでも例です

f:id:LITTLEWING:20170803170210j:plain

f:id:LITTLEWING:20170803170217j:plain

f:id:LITTLEWING:20170803170224j:plain

それはさておき、試合予想については

前回の吉井戦でもあえてしなかったため今回も同様に無しで。

ただ血の滾るような試合を、とリクエスト。

 

ちなみに、両者のこれまでの戦績はというと

麗雫 9-2
○ 麗雫 VS マジョラム吉井(TWPシングル)    
○ 麗雫 VS ラズベリー咲川(TWPシングル) 後日談  
○ スパイダー菊池VS麗雫(TWPシングル) 後日談  
× 麗雫 VS スパイダー菊池(TWPシングル) 後日談  
○ 麗雫 VS 南城蛍(TWPシングル)    
○ 麗雫VS友野なるみ(TWPシングル) 後日談  
× ラナ&麗 VS ガッシュ&友野 後日談  
○ 麗雫 VS ソニックキャット(TWPシングル)    
○ 麗雫VSシュバルツ・ネーベル    
○ 麗雫VSヴァンプ鈴森    
○ 麗雫VSマーズ野々村(TWPシングル)    
ディアナ・ライアル 3-1
○ 姫小路由樹 VS ディアナ・ライアル 後日談  
○ ディアナ&星空組 VS あかり&X組[ワンマッチ]    
○ ディアナ・ライアル VS ソニックキャット[チャレンジマッチ]    
× 田中えり子&ディアナ・ライアルVS友野なるみ&ロイド・ガッシュ    

 麗の強さに関してはもはや語る必要もないでしょう。

ディアナはというと、昔から実力者だとは言われながらも

これまで大舞台に登場することはほとんどなく

実質、今回の世代闘争での姫小路との試合くらいしか

シングルでの実績が無い状態。

もちろん、今回麗に勝とうものなら

これ以上ない実績になるわけですが・・・

 

しかし、シュバルツのリクエストなど知らないとばかりに

麗が今回も最初から飛ばしていきます。

吉井戦ほどの大差はつかないものの、それでも4-0ワンサイド状態。

さすがにそうそうやられっぱなしでいるわけにはと、

今回はmixi、ハンゲのディアナ勢が反撃をして

ディアナ優勢となる時間帯もありはしたのですが

それを最後まで守り通すことは出来ず

結局は4-0で決着。

f:id:LITTLEWING:20170803203315j:plain

まあ・・・仮にmixiとハンゲを取っていたとしても

ヤバゲの差が2000万くらいあったようですからね。

ディアナの見せ場はあったものの、

麗の有利は揺るがなかった・・・そんな感じでしょうか。

 

ともあれこれで、次は麗VSシュバルツに決定。

菊池を倒した今、最もノっているといっても過言じゃないシュバルツが

麗に対しどんな試合を見せてくれるのか?

そして、ニューリーダーも残るはえり子とルシフェル2人。

彼女達はベルトにまでたどり着く事が出来るのか?

もしもたどり着けたとして、

その時に待ち構えているのは・・・果たしてどちらなのか?

広告を非表示にする