広告   

【リングドリーム】RISING HEAT VEIL 6試合目 赤津ちか VS 石狩みな

f:id:LITTLEWING:20170802183705j:plain

「RISING HEAT VEIL」6試合目はセヴンスター選手権試合。

メトロン赤井に勝利し、新たな王者となった赤津。

そして挑戦者は、いよいよ人数の多い2011年組に突入。

その先陣を石狩が務めます。

 

青コーナー 石狩みな

f:id:LITTLEWING:20170802184401j:plain

f:id:LITTLEWING:20170802184406j:plain

f:id:LITTLEWING:20170802184412j:plain

f:id:LITTLEWING:20170802184418j:plain

f:id:LITTLEWING:20170802184427j:plain

f:id:LITTLEWING:20170802184435j:plain

ヤングドラゴン杯での「もしも」を実現実のものとするため

赤津との対戦を望み、2011年一期組の一番手に名乗りを上げた石狩。

しかし今回、試合順が組長よりも後という事実が

いつも以上に石狩の気を引き締めにかかります。

セヴンスターというタイトルマッチであるがゆえに

セミファイナルなんて位置でやらせてもらっているけども

選手の格という意味でいえば、

既に終わった3試合よりも前でもおかしくないですからね。

そんな先の試合以上の内容を、と張り切る気持ちもわかります。

 

赤コーナー 赤津ちか

f:id:LITTLEWING:20170802185346j:plain

f:id:LITTLEWING:20170802185352j:plain

f:id:LITTLEWING:20170802185359j:plain

しかし、自派閥のリーダーが先に試合を行うという意味では赤津だって同じ。

ソニックが既に試合を終えてますからね。

つまりこれは・・・

ソニックの試合」VS「滝沢の試合」VS「自分達の試合」

という結論に達する赤津。

f:id:LITTLEWING:20170802185406j:plain

f:id:LITTLEWING:20170802185413j:plain

f:id:LITTLEWING:20170802185423j:plain

ならば、先の2試合に勝つために、

お互い得意な攻撃でガンガン攻めて試合を盛り上げようと。

その上で、自分が勝つからと

最後はしっかり王者らしく勝利宣言で締め。

 

解説および試合

 コメンテーターは、次回挑戦者である大木。

f:id:LITTLEWING:20170802225037j:plain

厳しい攻めから容赦なく勝ちを狙っていく石狩。

対して、試合を盛り上げるために飛び回り、

相手の技を受けるのも自爆するのも躊躇わないのが赤津。

それだけ聞けば、石狩が有利なのでは?と思えるけれど

f:id:LITTLEWING:20170802225502j:plain

f:id:LITTLEWING:20170802225508j:plain

赤津はそんなスタイルを続けているだけあって

それをやり通すだけのタフさを備えているため

本来は疲れが出てくる試合後半だろうと

笑いながら飛んでくるという

一種のホラーを彷彿とさせるほどの疲れ知らず。

f:id:LITTLEWING:20170802225835j:plain

f:id:LITTLEWING:20170802230142j:plain

そんな赤津相手でも、みなさはきっと勝ってくれる!

と、同期対決を切望する大木は石狩の勝利を信じます。

 

そして試合は、大木の願った通り?石狩が最初から飛ばしていきます。

解説していたとおり、疲れが出始める後半から赤津の反撃が?

と思いきや、そのまま石狩が押し切って4-0ワンサイド。

まさか、ここまで一方的になろうとは・・・。

石狩人気ももちろんあるでしょうけど、

今回は石狩、大木、こがねの同期対決を望んだ人が多かったのかも?

ただ、それをいうと紅蓮とか厳しい事になりそうですが(^^;;

 

ともあれ、次のセヴンスターは石狩VS大木に決定。

アメリカでの成長を見せることが出来るのか、乞うご期待!

広告を非表示にする