広告   

【リングドリーム】RISING HEAT VEIL 5試合目 滝沢泉 VS ホワイトフェイス

f:id:LITTLEWING:20170801183119j:plain

「RISING HEAT VEIL」5試合目は、前の試合に続いての世代闘争。

ソニックと共に未だ立ち塞がるナウリーダーの壁、滝沢泉に

ホワイトフェイスが挑みます。

此度ついに、ホワイトフェイスの本気が見られるのか?

 

青コーナー ホワイトフェイス

f:id:LITTLEWING:20170801183528j:plain

f:id:LITTLEWING:20170801183535j:plain

f:id:LITTLEWING:20170801183542j:plain

f:id:LITTLEWING:20170801183548j:plain

個としての勝利よりも客をわかす事を至上とし、

組んでもパートナーを支える事に徹してきた道化、それがホワイトフェイス。

彼女自身、その立ち位置に不満はなく

それでいいとこれまでは思ってきた。

f:id:LITTLEWING:20170801183946j:plain

f:id:LITTLEWING:20170801183953j:plain

それが、細野にうまく乗せられた形とはいえ矢面に立つ事となり

これまで決して表には出てこなかった思いがあらわとなることに。

「私の技はどこまで通用するのだろうか?」

 

自身の腕前はそれなりのものだと自負してきた。

しかしそれは、「道場では」という但し書き付きのもの。

それを今回、衆人観衆の中で

しかも東女一の「職人」、滝沢泉を相手に試せるというのだから

これ以上の機会はそうそうないだろう。

f:id:LITTLEWING:20170801185121j:plain

f:id:LITTLEWING:20170801185128j:plain

f:id:LITTLEWING:20170801185135j:plain

しかしそれは、道化の仮面を捨てる事と同じ。

一度勝利を求めた以上、もう道化に戻ることは出来ないだろう。

だがそれでいい。

道化だったホワイトフェイスは今宵、

強さを求める一人のレスラーへと・・・変わる!

 

赤コーナー 滝沢泉

f:id:LITTLEWING:20170801205608j:plain

f:id:LITTLEWING:20170801205613j:plain

鍛錬には真摯に取り組みながら、

リングではその本領を発揮しないホワイトフェイス。

そんな彼女の実力を認めつつも、

勿体ないと、歯がゆいと感じていた日々。

それが今日、ついに解消される。

f:id:LITTLEWING:20170801205854j:plain

f:id:LITTLEWING:20170801205859j:plain

f:id:LITTLEWING:20170801205906j:plain

f:id:LITTLEWING:20170801205911j:plain

f:id:LITTLEWING:20170801205918j:plain

f:id:LITTLEWING:20170801205924j:plain

ホワイトフェイスの「本気」を

ついに見られるのかと思うと楽しみで仕方が無い様子。

もちろん、負けるつもりはさらさら無いので

ホワイトフェイスの本気を確かめつつも

そんな彼女の本気を上回る自信を覗かせる滝沢。

 

解説および試合

コメンテーターはKATON。

f:id:LITTLEWING:20170801211907j:plain

f:id:LITTLEWING:20170801211916j:plain

f:id:LITTLEWING:20170801211927j:plain

先日のタッグで、細野、ホワイトフェイス組に翻弄されたKATON。

これまで勝利に貪欲で無かった2人の変わりっぷりに

正直面食らったとふり返ります。

その変貌っぷりは、KATONが本気で捕まえられないと嘆くほど。

滝沢なら・・・と思いたいところだけど、

それも断言できないというのだから相当なものだったのでしょう。 

f:id:LITTLEWING:20170801212705j:plain

ただ今回、お互いに技術を競い合う事になるだろうとしても

2人の条件は異なるというKATON。

滝沢は「本番」で技術を磨き続けてきただけあって

それは今回もしっかり発揮される事は間違いないだろう。

けども、それはつまり「手の内を晒し続けてきた」ともいえるのだと。

ホワイトフェイスはその逆で

手の内を温存してきたという意味では強みだけれども

本番でその手の内をいかんなく発揮できるかといわれると

そこは正直未知数と言わざるを得ないと。

そのあたりが、勝負の分かれ目になるのでは無いかとのこと。

 

そんなKATONの懸念が現実のものとなったのか

ニコで白面さんが大暴れ。

最終的には4800万差とかおかしいですよ白面さんw

こうなると、白面さんは2-2でも勝ちは確定。

実際折り返しを過ぎても3-1だったので

これは白面さん勝利か?そう思った人もいるはず。

しかし、実際はニコを除く3PFの差はわずか。

ここから組長の反撃が始まります。

序盤は、これまで手の内を明かしてこなかった白面さんに押されるも

手の内が分かってきてからは落ち着いた試合展開に・・・

といった感じでしょうか。

気がつけば、ニコ以外の3PFで組長優勢。

3-1なら組長、2-2でpt勝負なら白面さんという展開に。

しかし、落ち着いてからの組長は盤石な守りで相手を寄せ付けず。

結局、3-1のまま組長勝利

ニコでの大差には驚かされましたが、それでも組長の牙城は崩れず!

 

結局、今回もソニック、滝沢両名が生還。

ナウリーダーの双璧は未だ健在といったところですが

こうなると・・・次はルシフェルが組長とやることになるんでしょうか?

ソニックとやりたがってることは知ってますが

そこはどうしてもえり子が優先されるでしょうからね。

かつて、一箭に敗れたルシフェル

その一箭の師匠である組長を倒したりすると・・・

それはそれで面白い展開ではあるんですけどねw

広告を非表示にする