広告   

地獄少女 宵伽 第3話「いつか誰かが・・・」

性格に問題のある祖母、

性格に問題のある母、

性格に問題のある父、

性格に問題のある姉、

そんな家族と暮らす弟妹の話。

この前置きの時点で胸くそ悪くなるの確定です。

 

そんな家族だから団欒なんて言葉はあるはずもなく

互いにいがみ合う毎日。

そんな中、母が呪いの藁人形の糸を引き、

祖母を地獄送りにするところを目撃する弟。

それによって地獄通信の存在が真実だと確信。

 

そして弟は、母、父、姉に関係のある人をそれぞれ呼び出して

地獄送りにしてもらえないかと提案。

きくりが

「倫理観や道徳観が不自由な連中の子供だぞ。
ろくな事考えないに決まってる」

と言っていたけれど、確かにろくな考えではなかったようで。

しかし

「自分が地獄に落ちるのが怖いだけじゃないの?」

「そんなリスクはおかせない」

と、結局提案は受け入れられず。

 

自分では1人しか地獄送りに出来ないから、

というのは確かに本当の事なんだけども、

自分が地獄に落ちるのが怖かったというのもまた事実。

そうして誰も地獄に流せずにいる内に

姉が家に男を連れ込みます。


その男は父母にも暴力を振るうため、父母は逃げるようによその家へ。

そして姉も不在の時を狙い、ついに男は妹(小学生)を毒牙に・・・。

これでようやく決心をした弟。

家族では無く、その男を地獄送りにすることに。

なお、連れ込んだ姉の方も、

以前話を持ちかけた「姉に恨みを持つ人物」が地獄送りに。

 

その後、結局父母は帰ってこず

弟は、妹のような子を一人でも助けるためにと

姉とつるんでいたいじめグループの人を

自らの手で殺めていく事に・・・。

 

という感じの第3話ですが、

1話、2話が「やりきれない」という感想だったのに対し

3話はもう完全に「胸くそ悪い」としか。

しかも、父母は平然と生き残ってるわけですからね。

 

家族でお互いに糸を引き合って、最後には誰が残るのか?

みたいな展開かと思いきや、JSに手を出すしね!(^^;;

悪い男が地獄送りにされてめでたしめでたしならまだ救われたけど

弟も「死んだ後地獄に行くのが決まっているのなら」と

殺人鬼になっちゃってるしね!

結局、弟も「性格に問題のある」弟だったってことかなぁ・・・。

 

あ、ちなみに今回の地獄送りは

緊縛プレイからの脳みそパーン!でした。

リア充爆発という見方も?

 

 

次話

前話

広告を非表示にする