広告   

タイガーマスクW 37話「さらば虎よ」

ファイナルウォーズ最終戦のオカダVSミラクル1。

いきなりの毒霧で劣勢に立たされるオカダですが

トペを食らった際に右腕を負傷。

それでも構わず、不意を突いてのレインメーカー

しかしこれで、右腕を更に負傷するオカダ。

 

その右腕を執拗に攻めて三角締めで落としにかかるが

その状態のままマットに叩きつける!

そして起き上がったところを2度目のレインメーカー!!

これでカウント3をとって結果は2勝2敗1分け。

エクストラマッチで決着を付けることに。

GWM側はもちろんザ・サード

対する新日本側は、オカダが負傷したためタイガーマスクが代役に。

ただし、覆面を前の試合で破かれているので

ダークの覆面と縫い合わせた「タイガーマスクW」として登場。

その風貌通り?タイガーの技だけでなく

ダークの技「ダークネスドライバー」「ダークネスホールド」も出して

ザ・サードを攻めていくタイガー。

ザ・サードも負けじと高角度のバックドロップで返していく。

更にはバーティカルスープレックスも決まってタイガーピンチ。

しかし、虎が吠える!まだ終わらない!

 

デビルズクラッシュの体勢に入るも

投げることが出来ずにコーナー上でせめぎ合い。

それをタイガーがヘッドバットで制して

そのままフェニックススプラッシュ(タイガートルネードプレス)。

これでも決まらず、今度はザ・サードがデビルトルネード連発。

 

「もう出す技はないのか」というザ・サードの誘いに乗り

ついにタイガーファングを出そうとするタイガー。

しかし、その間合いを外そうとするザ・サードの前に着地。

ザ・サードのナックルパートを躱したところで

今度こそタイガーファング炸裂!

しかも、横入り式からスタンディングのサブミッションが完璧に入り

これで決着かと思いきやその技を力尽くで外す。

そして、こちらも必殺のサクリファイスを決める!カウントは・・・2!

先ほどのサブミッションで左腕を痛めたのが原因でロックが甘かった模様。

 

今度はタイガーが猛虎重爆。

しかしこの技はダークに破られており、

同じようにマットに叩きつけようとするザ・サード

が、その勢いでそのまま後方に1回転。

相手をマット上に寝かせた状態に膝を叩き込む

いつもとは逆の形で炸裂!しかしこれでも決まらない。

 

どちらも全く引かないこの戦い。

その戦いに終止符を打ったのはやはりタイガーファング。

しかも、脳天と下顎を挟み込むえげつない技。

さすがにザ・サードもたまらずダウンして

タイガーマスクWのTKO勝利となりました。

 

その後・・・
タイガーはメキシコに
ダークはアメリカに旅立つことに。
2人がいなくなった事に気付いて
慌てて捜す春奈、ルリコ、そしてケビンww

という感じで37話が終わり、あとは最終回を残すのみ。

 

ミスターXとザ・サードは最後まで引くことを選ばなかったのに対して

ミスXは横入り式タイガーファングからのサブミッションの際に

タオルを投げることを提案してたのが印象的でした。

負けが決まった後も、あそこでタオルを投げるべきだった、

みたいな事言ってましたしね。

そのあたりは、虎の穴の過去を引きずっておらず

なおかつ選手のコンディションを優先した

ミスXならではの判断だったのでしょう。

そんなミスXが最後、春奈に助けを求めたのが気になるところですが

それは最終回で明らかになるのでしょう。

っていうか、予告でほぼわかってますけどねw

 

 

次話

前話

広告を非表示にする