広告   

【リングドリーム】SEVEN DAYS RED MOON 7試合目 麗雫 VS マジョラム吉井

f:id:LITTLEWING:20170628183456j:plain

「SEVEN DAYS RED MOON」メインイベントはシングルタイトルマッチ!

前回から3ヶ月ぶりの防衛戦。

王者、麗雫にサンデーモーニング、マジョラム吉井が

文字通りぶつかっていきます!

 

f:id:LITTLEWING:20170628184113j:plain

f:id:LITTLEWING:20170628184120j:plain

f:id:LITTLEWING:20170628184126j:plain

元々サンモニでは、リーダーであるあかりを支える事こそが

自分の役目だと思っている吉井。

だから今回の世代闘争でもあかりの後を走るつもりだった。

ところが・・・

そのあかりがよりにもよって真っ先に脱落。

なので、あかりの無念を晴らすべく走り出したところ・・・

気がつけば前には誰もおらず、一番最初にゴールしてしまったと。

 

f:id:LITTLEWING:20170628184134j:plain

 

そんな消極的?な発言をしている事からも分かるように

最初、吉井は無差別のベルトにはさほど興味を示していませんでした。

 

f:id:LITTLEWING:20170408114118j:plain

 

f:id:LITTLEWING:20170408114358j:plain

以前、ガッシュに「次に何を求める?」と聞かれた際、KOMと答えたように

世代闘争の査定マッチをクリアしても

麗への挑戦を視野に入れているとは思えなかったこの時の吉井。

 

f:id:LITTLEWING:20170628184152j:plain

f:id:LITTLEWING:20170628184158j:plain

f:id:LITTLEWING:20170628184206j:plain

f:id:LITTLEWING:20170628184214j:plain

f:id:LITTLEWING:20170628184220j:plain

しかし、いざそれが手の届く所にあると認識してしまうと

手に入れたくなるのがプロレスラーの性。

こうなったらもう、見栄を張ることはやめて

欲望の赴くままに麗からベルトを奪おうという吉井。

 

対するチャンピオン、麗のコメント。

f:id:LITTLEWING:20170628212415j:plain

f:id:LITTLEWING:20170628212421j:plain

f:id:LITTLEWING:20170628212426j:plain

f:id:LITTLEWING:20170628212432j:plain

そもそも、麗の希望から始まったこの世代闘争。

「新しい世代で頂点をやりあえる土壌を作りたい」ということでしたが

前述の通り、あかりがソニックに敗れて真っ先に脱落。

更に、4月の大舞台では

「ナウリーダーの壁」の前に3戦全敗。

麗が焦るのも致し方ないことかと。

しかし、ニューリーダーはこのままでは終わらなかった。

6月の興行で、今度はニューリーダー側が3戦全勝!

これで逆に、ナウリーダーを追い詰めることとなったわけで。

だから、ようやく「新しい世代で頂点をやりあえる」

ようになったことに感謝する麗。

f:id:LITTLEWING:20170628214423j:plain

f:id:LITTLEWING:20170628214429j:plain

f:id:LITTLEWING:20170628214434j:plain

ただし、感謝と勝負は別ということで

そのぶっとい腕で抱きしめられるのは勘弁とw

 

そんな両者を見守るのは、

同じく挑戦権を持っているシュバルツとディアナ。

f:id:LITTLEWING:20170628214624j:plain

f:id:LITTLEWING:20170628214631j:plain

f:id:LITTLEWING:20170628214643j:plain

f:id:LITTLEWING:20170628214652j:plain

コメンテーター2人なんて初めての事じゃないですかー

・・・と思いきや、2人はコメンテーターではなく見届け人だと。

次にどちらが、どちらに、挑戦するかはまだわからないけど

この試合を見届ける必要があるからとやってきたわけで。

 

f:id:LITTLEWING:20170628214734j:plain

f:id:LITTLEWING:20170628214741j:plain

f:id:LITTLEWING:20170628214746j:plain

なので、この試合についてコメントは何も無し。

2人にプレッシャーだけかけて、あとはじっくり見物という了見。

 

じゃあ、せっかくなので両者の戦績を・・・と思ったけれど

麗雫 8-1
○ 麗雫 VS ラズベリー咲川(TWPシングル) 後日談  
○ スパイダー菊池VS麗雫(TWPシングル) 後日談  
× 麗雫 VS スパイダー菊池(TWPシングル) 後日談  
○ 麗雫 VS 南城蛍(TWPシングル)    
○ 麗雫VS友野なるみ(TWPシングル) 後日談  
○ 麗雫 VS ソニックキャット(TWPシングル)    
○ 麗雫VSシュバルツ・ネーベル    
○ 麗雫VSヴァンプ鈴森    
○ 麗雫VSマーズ野々村(TWPシングル)

見るまでもなく、麗の戦績は圧倒的ですからね(^^;;

シングルに限定(ワンマッチ含む)すれば、8勝って単独1位ですから。

(ちなみに2位は千鶴、ぽひの6勝)

マジョラム吉井 1-1
○ アントラー山口 VS マジョラム吉井(KOM) 後日談 後日談2
× マジョラム吉井 VS プロミネンス加藤 後日談  

なお吉井は、KOM絡みの試合しか無いため1-1。

実績ではどうしても差が出てしまう両者ですが・・・

 

その差がやはり試合でも出てしまったのか、早々に麗優勢。

 っていうか・・・ぶっちゃけ吉井の見せ場ありませんでした。

人数差ではヤバゲで1000人もの差が開き、

トータルptでは1億という大差。

f:id:LITTLEWING:20170629211633j:plain

正直、手も足も出なかったと言われても

何も言い返せないくらいの結果でした。

相変わらず、タイトルマッチで容赦の無い麗ですが

ともあれこれで、次の挑戦者である

シュバルツかディアナを迎え撃つこととなりました。

吉井にとっては残念な結果となりましたけど

彼女にはまだKOMのベルトが残っているので

そちらの方で頑張って欲しいです。 

広告を非表示にする