広告   

タイガーマスクW 36話「四頭の虎」

2敗1分けとあとがない新日本。

第4試合のタッグに勝つことだけを考えれば

ここでオカダ投入なんだろうけども、

そうなると第5試合が連戦となって勝つのが難しいと考えた永田。

第4試合はタイガー、ダーク組が続けて出る作戦に。

しかしGWMはここでザ・サードを投入。

そしてパートナーもザ・セカンドと完全に決めに来ている布陣。

 

ザ・サードを前にして気持ちの昂ぶりを抑えきれないタイガー。

それが災いして思うような試合が出来ず一方的に。

逆にダークは落ち着いた様子でザ・セカンドと激突。

互角かと思いきやスタミナに難のあるザ・セカンド

正体はかなりのベテラン?

 

再度激突するタイガーとザ・サード

新技、タイガーファングを狙うも間合いを外されあっけなく無効化。

そして必殺のサクリファイス!

・・・が、背後からダークがスライディングキックでカット。

しかし、そのダークをザ・セカンドが捉えてスキュアの体勢に!

暴れることで技自体は逃れたものの、場外に投げ捨てられたダーク。

 

ダークが場外でダウンしている隙に

「タイガーのマスクは虎の穴のものだ」

とタイガーの覆面を引きちぎりにかかるザ・サード

(※GWMルールでは反則では無い)

起き上がる様子の無いダークに向けて

立ち上がって叫ぶ大助さん。

 

「立てタクマ!ナオトが危ない!」

 

隣でルリコさんが聴いてるんですが・・・(^^;;

まあ、結局覆面は剥がされて正体ばれてしまうんですけどね。

 

そしてようやくリングに戻ってきたダーク。

とどめを刺さんとばかりに放ったザ・サードのデビルトルネード。

これを躱したダークがクロスチョップ気味に当ててからの

ダブルの裏拳?「クロスボウ」炸裂!

向かってくるザ・セカンドにもクロスボウを決め、

吹っ飛んできたセカンドをそのままナオトがジャーマンで3カウント

これにより、ザ・セカンドは病院送り・・・は免れたものの

これ以上は試合に出られない状態に。

 

5試合目は予定通りザ・サード・・・と思いきや

ここでミスターXからの指示によりミラクル1が出ることに。

5試合目は捨てて、その間に回復したザ・サード

エクストラマッチを確実に取りに行く作戦に。

しかしミラクル1は負ける気など毛頭無く、

試合開始いきなりの毒霧攻撃に!

 

・・・というところで終わった36話。

タイガーの新技「タイガーファング」に続いて

ダークも新技「クロスボウ」を披露してくれたわけですが

クロスチョップの体勢から裏拳かましただけでは

さすがにあんな威力ないでしょうとツッコみたくはなりました(^^;;

そして、1話であっけなく見極められるタイガーファングw

ケビンなんかに使うから・・・(^^;;

しかしこれで、ミラクル1のやる気はともかく

エクストラマッチに突入するのは確実。

そして、覆面を破られたタイガーは次回・・・!

 

 

次話

前話

広告を非表示にする