広告   

【リングドリーム】誰も予想しえなかった未来

f:id:LITTLEWING:20170622180536j:plain

f:id:LITTLEWING:20170622180542j:plain

f:id:LITTLEWING:20170622180552j:plain

f:id:LITTLEWING:20170622180557j:plain

最初からボロ家だったディスティニー邸ですが

エアコンの効きが悪いからと

強力なのを買っているようでは安い家賃のメリットがなし。

いっそ引っ越すかと提案するくるみですがこれには麗が反対。

いっそ自分が買い取ってリフォームするとまで言い出す始末(^^;;

 

f:id:LITTLEWING:20170622211426j:plain

f:id:LITTLEWING:20170622211432j:plain

ここまで麗のテンションが高いのはもちろん理由が。

言うまでも無く、それは世代闘争の事なんですが

f:id:LITTLEWING:20170622211905j:plain

f:id:LITTLEWING:20170622211911j:plain

若い世代で頂点をやりあえる土壌を作りたい

それが、2度目の頂点に就いた麗の野望でした。

とはいえ、吉井がその最初の挑戦者になろうとは誰が予想できたでしょうか。

麗もくるみも、もちろん多くのファンも予想出来なかったのではないかと。

そしてそれは、麗が最初にベルトを巻いた時も同じ。

それだけに、挑まれる側である麗が言うのもおかしな話ではあるけれど

吉井には頑張って欲しいと。

 

f:id:LITTLEWING:20170622213201j:plain

f:id:LITTLEWING:20170622213212j:plain

f:id:LITTLEWING:20170622213220j:plain

そんな麗のタイトル絡みの話とは別に

今月、もしくは来月中には発表となるくるみのコラボ話。

相変わらず、一緒にやりたかったと不満げな麗ですが

それをいったら、大事な試合で麗と組めないくるみは

普段から忸怩たる思いをしているのだと言い返します。

f:id:LITTLEWING:20170622213457j:plain

f:id:LITTLEWING:20170622213506j:plain

f:id:LITTLEWING:20170622213512j:plain

f:id:LITTLEWING:20170622213519j:plain

それはもちろん、くるみの実力不足が原因なわけですが

「今はまだ」と思わせぶりな言い方を。

かつて、「軍師的ポジションでおいしいとこどり」なんて考えから

チームを結成したくるみはもういません。

一ノ瀬から「目が死んでる」と酷評されたくるみももちろんもういません。

今いるのは、一日でも早く麗と並び立てるよう

日々切磋琢磨するくるみ。

 

これもまた、当時のくるみからは誰も予想できなかった未来ですよね。

ただ、この先に麗と並び立てる未来が待っているかというと・・・

それはまた別の話w

広告を非表示にする