広告   

【リングドリーム】山崎、久しぶりの不覚w

f:id:LITTLEWING:20170619222354j:plain

f:id:LITTLEWING:20170619222401j:plain

f:id:LITTLEWING:20170619222407j:plain

f:id:LITTLEWING:20170619222413j:plain

f:id:LITTLEWING:20170619222418j:plain

次の興行でタイトルマッチを行う2人が、本屋さんでばったり遭遇。

タイトルマッチ前ということで、試合は試合、

プライベートはプライベートと割り切ることが出来ない山崎に

勇者から一言。

「おっぱいに貴賤はありません。」

・・・どういうことだってばよ(^^;;

 

もちろん、勇者のそれがもののたとえだということはわかります。

f:id:LITTLEWING:20170619222915j:plain

f:id:LITTLEWING:20170619222920j:plain

f:id:LITTLEWING:20170619222929j:plain

・・・・・・もののたとえ、だよね?

結局、勇者が言いたかったことは

おっぱいに貴賤がないように、試合にも貴賤はないと。

タイトルマッチであろうと、地方の一試合であろうと

それは等しく大切な試合なんだと。

最初からそう言ってくれれば、

すごく良いこと言うわーと感心するわけですが

f:id:LITTLEWING:20170619223230j:plain

f:id:LITTLEWING:20170619223237j:plain

おっぱいにたとえた時点で何もかも台無しですw

しかし、そんな山崎を見て「惚れ直した」という勇者。

f:id:LITTLEWING:20170619223347j:plain

f:id:LITTLEWING:20170619223353j:plain

f:id:LITTLEWING:20170619223358j:plain

f:id:LITTLEWING:20170619223414j:plain

勇者のこういうところに、人は惹きつけられるのでしょう。

それを理解した山崎は、試合までに気合いを入れ直す決意をします。

f:id:LITTLEWING:20170619223538j:plain

f:id:LITTLEWING:20170619223553j:plain

f:id:LITTLEWING:20170619223558j:plain

f:id:LITTLEWING:20170619223720j:plain

そして、お互いのパートナーに言付けを残してこの場を去る2人。

 

・・・だったんですが

f:id:LITTLEWING:20170619223654j:plain

f:id:LITTLEWING:20170619223703j:plain

ぽひはそういう子だよねwww

矜持とか言われてもわかるわけなかったよ・・・(^^;;

広告を非表示にする