広告   

【リングドリーム】RISING VERSE 5試合目 アントラー山口 VS マジョラム吉井

f:id:LITTLEWING:20170530140336j:plain

「RISING VERSE」5試合目、東女興行の最後を飾るのはKOM選手権試合。

王者であり、ナウリーダー側の壁としても君臨するアントラー山口に

挑戦者、ニューリーダーのマジョラム吉井が挑みます。

 

f:id:LITTLEWING:20170530153403j:plain

f:id:LITTLEWING:20170530153408j:plain

吉井にとって、この試合には二つの意味が。

一つは世代闘争として。

あかりの敵討ちのため、サンモニが一皮むけるため

そして、ニューリーダー側の逆襲のためという

いってみれば「チームのため」の戦い。

もう一つは・・・

f:id:LITTLEWING:20170530153649j:plain

いうまでもなく、KOMとして。

吉井のポリシーのため

筋肉の素晴らしさを確認するため

吉井自身が一歩前進するためといった

こちらは「個人のため」の戦い。

f:id:LITTLEWING:20170530153854j:plain

f:id:LITTLEWING:20170530153843j:plain

f:id:LITTLEWING:20170530153912j:plain

サンモニという派閥の立ち位置上仕方ないのかもしれませんが

これだけ意味のある試合に挑むというのが

おそらく初めてだろうという吉井。

かつて、タッグ王座決定トーナメントに参加したことはありましたが

それはあくまでも「チーム(サンモニ)のため」だったってことですかね。

 

f:id:LITTLEWING:20170530154523j:plain

f:id:LITTLEWING:20170530154529j:plain

そんな吉井を「KOMの挑戦者としては申し分ない」という山口。

実際、質では負けないと言ってはみても

見た目の筋肉では吉井の方が上ですしね。

f:id:LITTLEWING:20170530154717j:plain

f:id:LITTLEWING:20170530154722j:plain

f:id:LITTLEWING:20170530154804j:plain

ただし、世代闘争の相手として見た場合

吉井はまだ顔じゃないとの厳しい評価。

南城と十両に勝利してこの場にいる以上

実力はあるだろうし、そこは疑っちゃいない。

それでもまだ看板にはなれていない・・・

それが山口の正直な気持ちだと。

f:id:LITTLEWING:20170530155052j:plain

だから、悔しかったら私のこの価値観を覆してみせろ、

そう吉井にハッパをかけてきたりして

実はニューリーダー達の成長を望んでいるような節も。

 

で、問題はコメンテーターなんですが

ここまでハミング、赤津と地雷が続いたというのに

f:id:LITTLEWING:20170530155552j:plain

f:id:LITTLEWING:20170530155558j:plain

よりによってあなたですか細野さん・・・w

っていうか、KOMは無理だからね?!(^^;;

そんな細野さん、「盛り上げることを言えばいい」という解釈から

f:id:LITTLEWING:20170530155727j:plain

f:id:LITTLEWING:20170530155733j:plain

f:id:LITTLEWING:20170530155738j:plain

突然山口に宣戦布告!

って、ホントになにやってんのー!w

f:id:LITTLEWING:20170530155839j:plain

f:id:LITTLEWING:20170530155844j:plain

しかもさらっと白面さんとのタッグが決まったとか

暴露してくれやがりましたよw

この時「サポート」と言っていたのは

結局単純にタッグパートナーという意味だったようで。

っていうか話が進まんのでブラジャーの話は飛ばすとして

f:id:LITTLEWING:20170530160137j:plain

f:id:LITTLEWING:20170530160143j:plain

細野から見た戦力比較では

  山口 吉井
9 10
技術 10 7
スピード 10 8
持久力 10 5
頑丈さ 10 9

こんな感じで、やはり吉井がかなり厳しいだろうと。

しかしここで細野は言います。

f:id:LITTLEWING:20170530160514j:plain

f:id:LITTLEWING:20170530160523j:plain

細野の言いたい事もわかるけど

あれだけ細かく分析した後で言っちゃうとさすがにどうなのよ?w

でも、細野はこれで一仕事やり終えた感満々で

f:id:LITTLEWING:20170530160701j:plain

この表情ですよ・・・w

 

なんかもう・・・全部この子が持って行った感ありますけど

試合の方に目を向けましょう(^^;;

 序盤は山口が王者らしく安定した立ち上がり。

ただし、ニコのみは戦況が落ち着かない状態から

吉井がペースを掴んで一気に突き放します。

そしてハンゲでも吉井が逆転して2-2に。

この2-2の状況が終盤までずっと続く事になりますが

それでもptは徐々に動いていきます。

 

残り1時間を切っても2-2は変わらず。

しかし・・・トータルptは600万差。

これはさすがに決まったか?と思ったところを

更にヤバゲがひっくり返った!

これで3-1になって決着。

 

勝ったのは・・・挑戦者、マジョラム吉井!!

 

正直に言います。予想外でした(^^ゞ

いや、吉井が勝った事というよりは

ニューリーダー3連勝ということが、というべきでしょうか。

ナウリーダー無傷のまま、世代闘争が終わってしまうのでは?

そう危惧されていた今興行前。

それが終わってみれば、姫小路、菊池、山口に土が付き

残ったのは

ナウリーダー:滝沢、ソニック

ニューリーダー:シュバルツ、ディアナ、吉井

+ハミング、キャシー

 

一気に形勢逆転ですよ。

といっても、シュバルツ、ディアナ(と吉井も?)に関しては

次はナウリーダーとではなく麗とのタイトルマッチになるでしょうから

世代闘争の方は今後どうなっていくのかわからなくなったかも?

広告を非表示にする