読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

広告   

【リングドリーム】夢が叶う瞬間

f:id:LITTLEWING:20170428231350j:plain

f:id:LITTLEWING:20170428231355j:plain

f:id:LITTLEWING:20170428231403j:plain

f:id:LITTLEWING:20170428231407j:plain

2012年、当時はまだボロだった東女寮。

天下の東女の寮がまさかこんなボロだとはと

実家の道場と比べつつもやはり驚きを隠せない千鶴。

そして、この時がメアリ、ぽひとの初めての出会いでした。

 

f:id:LITTLEWING:20170428231959j:plain

f:id:LITTLEWING:20170428232003j:plain

その翌日、「新人耐久テスト」と称される走り込みが行われ

たった10分で脱落するぽひを見て「だらしない」と思う千鶴。

そしてメアリも1時間もたない有様。

しかし、10分しかもたなかったぽひも2時間粘った千鶴も

先輩達からみれば所詮同じ「新人」に過ぎず

技術には自信のあった千鶴も

持久力という点においては天と地ほどの差を見せつけられ

現実を知った3人は「弱い者同士」で身を寄せ合う事に。

 

f:id:LITTLEWING:20170428233830j:plain

大抵は同期といえど、いや同期だからこそ

どこかで反目し合ったり、お互いを蹴落とし合ったりするもの。

しかし、この3人にはそういった事が一切ありませんでした。

道場に縛られて同世代の友達がいなかった千鶴。

天涯孤独の身だったメアリ。

戸籍すらなかったぽひ。

境遇は違えど、語り合える友達がいなかったからこそ

ある意味初めての友達だったからこそ、

お互いを大切に思えたのではないかと。

 

f:id:LITTLEWING:20170428234832j:plain

f:id:LITTLEWING:20170428234838j:plain

f:id:LITTLEWING:20170428234842j:plain

そして、3人は東女のリングでデビュー。

格闘経験のない2人に対して、

古武術の下積みがある千鶴が突出した実力を誇るのは当然の事。

しかし、施設に保護されたり、そこから逃げ出したりしてきたメアリ。

別の国の出来事なのでは?と思いたくなるほど凄惨な過去を過ごしてきたぽひ。

そんな彼女達に比べれば、自分は環境に恵まれてきただけではないのか?

もし、自分が彼女達のような生い立ちであったなら・・・

今の彼女達のように果たして笑えるだろうか?

などと考えると

彼女達の強さは「まだ見えないところにある」。

2人はきっと強くなる。

千鶴はそう思うのでした。

 

だから、これからも3人で東女を盛り上げていこうと思っていたのに

それが突然終わりを迎えようとは、思いもよらなかったのです。

f:id:LITTLEWING:20170429142656j:plain

f:id:LITTLEWING:20170429142700j:plain

 ナイトメアがFWWWへ移籍することとなり、

その一員であるぽひも当然一緒に移る事に。

f:id:LITTLEWING:20170429142940j:plain

f:id:LITTLEWING:20170429142944j:plain

「プロレスを続けていれば、どこかのリングで戦えます」

そう言い残してFWWWへ行ってしまったぽひ。

しかし、ぽひがいなくなってしまい

狭いはずの二畳一間が思いのほか広く感じてしまう2人。

そんな、寂しい気持ちをごまかすための冗談交じりの軽口。

 

「次に会った時は私達より強くなっているかも?」

当時のぽひの実力を考えれば、

それを本気にとる人はおそらく誰もいなかったでしょう。

しかし・・・

f:id:LITTLEWING:20170429144621j:plain

2年後、その冗談は冗談ではなくなります。

神崎に弟子入りしたぽひはメキメキと力を付け

ついには千鶴を打ち負かすほどに。

f:id:LITTLEWING:20170429145212j:plain

そんなぽひとは逆に、追い求める理想との距離に焦りを感じるメアリ。

今のままじゃ夢が叶えられない、と。

そんなメアリが叶えたい夢とは・・・

f:id:LITTLEWING:20170429145542j:plain

f:id:LITTLEWING:20170429145537j:plain

f:id:LITTLEWING:20170429145549j:plain

3人でヤングドラゴン杯決勝トーナメントまで上がって

3人の誰かで優勝を競い合いたいというものでした。

その夢のために、2人に早く追いつこうと切磋琢磨するわけですが・・・

健闘及ばず、メアリは予選でかんきちに敗北。

ぽひと千鶴は決勝トーナメントでの直接対決を実現して

一人、置いていかれた感のあるメアリ。

それでも2人の前では明るく振る舞うのですが

人知れず、悔し涙を流していたのでした。

そんな彼女に

焦る必要はないんですよと

いつまでも待っていますからと

そう伝えたかった1年前。

そして・・・

 

f:id:LITTLEWING:20170429152930j:plain

f:id:LITTLEWING:20170429152933j:plain

時は今。

優勝候補、本命としての実力を見せつけた千鶴。

しかしそれを獅子の刃が断ち切る!!

渾身のライオンカッターによってついに千鶴が沈む。

メアリ、念願のヤングドラゴン杯優勝!

f:id:LITTLEWING:20170429153424j:plain

f:id:LITTLEWING:20170429153427j:plain

f:id:LITTLEWING:20170429153441j:plain

どちらが勝ったのかわからないくらい表情を崩したまま

千鶴を凄い力で抱きしめるメアリ。

そう、メアリは今回

「3人でヤングドラゴン杯決勝トーナメント進出」

「3人の誰かで優勝を競い合う」

という自分の夢を叶え、

ぽひ、千鶴の両名から白星を挙げて

ヤングドラゴンの称号を獲得したのでした。

 

その後、優勝トロフィーを

前回優勝者であるぽひが手渡すという粋な演出を行ってから

決勝トーナメントに出た8人で記念撮影。

f:id:LITTLEWING:20170429154423j:plain

久しぶりにリングの上で3人揃う事が出来たのでした。

 

こうして、3人の若手としての時間は終わりを迎えます。

しかし、レスラーとしての道のりはまだ始まったばかり。

これからも3人で

時にはタッグパートナーとして

時には対戦相手として

共に切磋琢磨していくことでしょう。

 

そしていつの日か・・・

広告を非表示にする