読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

広告   

【リングドリーム】RISING QUALIA 3試合目 滝沢泉 VS 一箭遙

f:id:LITTLEWING:20170422182039j:plain

「RISING QUALIA」3試合目も世代闘争ですが、

こちらは同じ滝沢組同士の対決という事で

その色も寄り濃いものとなっています。

ナウリーダーの1人であり、滝沢組組長である滝沢に

滝沢組の一員、一箭が挑みます。

 

f:id:LITTLEWING:20170422184052j:plain

f:id:LITTLEWING:20170422184105j:plain

f:id:LITTLEWING:20170422184120j:plain

f:id:LITTLEWING:20170422184123j:plain

今日、この場に立つまでに

セヴンスターのベルトを獲り、石狩とのNo.2決定戦に勝利してきた一箭。

ここで「私など」と卑下しては

キャシーや海江田、そして石狩までも貶める事になるからと

一箭としては珍しく、一歩も下がる事無く正面に立ちます。

f:id:LITTLEWING:20170422185412j:plain

f:id:LITTLEWING:20170422185417j:plain

f:id:LITTLEWING:20170422185420j:plain

先日の試合前に石狩が言った

「組長を倒す事で恩返しがしたい」

「序列的には永遠のナンバー2でいい。だが実力的にはナンバー1を目指す」

そんな志を引き継ぐとまで言い、

拾ってもらった恩を返すためにもこの試合、勝つ!と意気込む一箭。

 

 

f:id:LITTLEWING:20170422225621j:plain

f:id:LITTLEWING:20170422225625j:plain

f:id:LITTLEWING:20170422225628j:plain

自分の弟子にそこまで言われれば、師としては嬉しくないはずがありません。

弟子の成長を素直に喜ぶ滝沢ですが、それはあくまでも師として。

一人のレスラーとしてはこれまで培ってきたものが、矜持があるのです。

簡単に負けてやるわけにはいきません。

 

f:id:LITTLEWING:20170422225638j:plain

f:id:LITTLEWING:20170422225645j:plain

f:id:LITTLEWING:20170422225649j:plain

f:id:LITTLEWING:20170422225653j:plain

f:id:LITTLEWING:20170422225656j:plain

 そして、「返り討ちにさせてもらう」と

「何度でも挑戦してくればいい」と

あくまでも上位者としての発言をした後で、

これで負けたら恥をかくな、とフラグっぽい事を言い出す滝沢ですが

私に恥をかかせるものならかかせてみろと

出来るのであればそれに越した事はないと

なんだかんだ言いながらも弟子の師匠超えを望む滝沢。 

 

そんな両者の戦績はご覧の通り。 

一箭遙 4-0
○ 石狩みな VS 一箭遙 後日談  
○ 一箭遙 VS 海江田潤(セヴンスター) 後日談  
○ 一箭遙 VS ルシフェル美香[ワンマッチ]    
○ キャシー・ホワイトVS一箭遙(セヴンスター)    
滝沢泉 5-3
○ 滝沢・豪徳寺組 VS 崖ノ下・友野組[ワンマッチ]    
○ ナイアガラロック VS 朧双花 後日談  
× 滝沢、石狩組 VS シュバルツ、霧島組(TWPタッグ) 後日談  
× スパイダー菊池 VS 滝沢泉(TWPシングル) 後日談  
○ 姫小路&霧島組 VS 滝沢&石狩組(TWPタッグ)    
○ ナイアガラロック VS ファイヤーオルカ 後日談  
○ 滝沢&加藤&こがね VS 山口&細野&園原    
× プロミネンス加藤&滝沢泉VS南城蛍&スパイダー菊池    

セヴンスターから7連戦に登場するようになった一箭は

今のところ4戦全勝。

滝沢もトータルでは勝ち越しているものの

シングル戦は意外と少なく菊池相手の1敗のみ

といった感じ。

 

そして今回コメントする方はもちろん・・・石狩さん。

f:id:LITTLEWING:20170422231117j:plain

f:id:LITTLEWING:20170422231124j:plain

直前まで、自分の立ち位置について悩んでいた石狩ですが

滝沢の言葉を聞いて、一箭側につくことに決めたという石狩。

まあ、その理由が「私が応援するまでもないから」というのが

ある意味石狩らしいというかなんというか・・・(^^;;

ただ、理由はもちろんそれだけではなく

f:id:LITTLEWING:20170422231424j:plain

f:id:LITTLEWING:20170422231431j:plain

自分の志を一箭が受け継いでくれた事もあって

石狩からも思いを託すわけですが・・・

f:id:LITTLEWING:20170422231434j:plain

最後にぶっちゃけやがったよこの人ww

 

 そんな石狩の予想通り?滝沢ペースで試合は進みます。

一箭は、なんとかニコで1PF取れているくらい?

その状態が長い事続くわけですが

終盤になって、ニコ以外もその差が狭まってきます。

そして残り1時間を切ったところでついにヤバゲ逆転!

この土壇場に2-2に引き戻します。

しかし、そこまでが精一杯だったのか

この後滝沢がラストスパート!

結局、結果だけ見れば

4-0で滝沢がワンサイド勝利ということになりました。

ただ、わずかな時間とはいえ、

終盤に2-2まで持って行った点は

何らかの形で報いてあげて欲しいところですね。

広告を非表示にする