広告   

【リングドリーム】スペシャルワンマッチ 小早川ぽひ VS 小天狗舞々

f:id:LITTLEWING:20170414114954p:plain

今回のスペシャルワンマッチは、FWWWでのヤンドラ頂上決戦

とでもいうべき試合。

今回、東女のヤングドラゴン杯決勝トーナメントでは

共に1回戦負けとなった小早川ぽひ、小天狗舞々ですが

此度はFWWWのリングにて雌雄を決します。

 

f:id:LITTLEWING:20170414115447j:plain

f:id:LITTLEWING:20170414115450j:plain

ぽひはメアリ相手に、

そして小天狗は伏久相手に1回戦負けしています。

そういう意味では両者の実績は同じともいえますが

メアリと絡んだぽひ、伏久はどちらとも

ほぼ互角といっていい内容だったのに対し

小天狗は伏久相手にいいようにあしらわれてしまった事から

メアリ ≧ 伏久 = ぽひ > 小天狗

というのが現状の周りからの評価。

更には、ぽひは前回のヤンドラ杯優勝者でもあることから

ぽひの方が上という評価については小天狗も否定しないところ。

f:id:LITTLEWING:20170414125947j:plain

f:id:LITTLEWING:20170414125954j:plain

f:id:LITTLEWING:20170414125958j:plain

f:id:LITTLEWING:20170414130002j:plain

それ故に、小天狗としては負けても失うものは何もなく

「周りの評価何するものぞ」とむしろ開き直った様子。

そして、天狗が幽霊になぞ遅れを取るわけにはいかぬ

と気合いを入れるわけですが

f:id:LITTLEWING:20170414130007j:plain

なんでそこで水を差す聖光院さんwww

フィニッシュの一つが「邪悪なる液体」だけに(たぶん関係ないw

 

f:id:LITTLEWING:20170414130652j:plain

f:id:LITTLEWING:20170414130655j:plain

かたや、世間の評価的には「格上」となるぽひサイド。

いつもは試合前には「今日はあまり痛くないといいな~」

などと呟いている(ベッキー談)ぽひが

今回は珍しく前向きというかやる気十分というか。

f:id:LITTLEWING:20170414130938j:plain

今回のヤンドラ杯決勝は千鶴とメアリ、

ぽひの同期2人による決勝戦となります。

それが嬉しくてたまらないとヴァンプに話したところ・・・

「リングは違うけど、いい試合して同期のいい前菜になってやりなさい」

とアドバイスしてもらったのだとか。

f:id:LITTLEWING:20170414131309j:plain

f:id:LITTLEWING:20170414131312j:plain

そんなわけで、いつもよりも気合いが入っているぽひ。

同期2人の主菜にふさわしい前菜を添える事が出来るのか?

 

そんな両者の戦績ですが・・・

天狗舞々 2-2
× カース伏久 VS 小天狗舞々 後日談  
○ 校条手鞠VS小天狗舞々    
○ 日向ひまわり VS 小天狗舞々 後日談  
× 小天狗、ヘカトン組 VS 赤ずきん、森住組    
小早川ぽひ 5-2
× 小早川ぽひ VS メアリ・ノートン 後日談  
○ 小早川ぽひ VS 社務さわり 後日談  
○ 小早川ぽひ VS 琴無千鶴 後日談  
○ 小早川ぽひ VS フリーザー片倉 後日談  
○ 小早川ぽひVS岡部いんこ 後日談  
○ 小早川ぽひVS琴無千鶴 後日談  
× 千鶴&メアリVSマミー&ぽひ    

確認して改めてわかるぽひの凄まじさ。

今回メアリに敗れるまで、シングルでは無敗でしたからね。

小天狗はぽひに比べると試合数少ないので

比較という意味では難しいですが

ひまわりや校条相手の時だって、

試合前の周りの評価としては小天狗の方が下だったはず。

そう思えば、今回だってチャンスがないわけでは・・・

 

・・・と思ったんですが、さすがに甘くはありませんでした。

人数差という意味では、そこまで大きな差はなく

(とはいってもヤバゲでは約400人差)

pt的にもそこまでの大差だったわけではないと思うんですが

見せ場という意味では何一つ出来なかった小天狗。

f:id:LITTLEWING:20170420213708p:plain

やはり、ぽひの壁は分厚かったといったところでしょうか。

このぽひ相手にメアリはよく勝てたなと思うばかりです(^^;; 

広告を非表示にする