読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

広告   

タイガーマスクW 26話「謎のミラクル1」

「WAR GAME」の興行を大成功させたモノポリー

これにより今後、更に勢力拡大することは明らか。

なので、新日本もこのままじゃまずいということで

新たな外国人レスラーを呼び寄せる事に。

その名は・・・ミラクル1。

カナダマットで売り出し中のレスラーということですが・・・

 

そんなミラクル1、外道相手には「陽気なハイフライヤー」という

売り込み通りのレスリングを見せて一躍人気に。

しかし、若松戦では突如「不機嫌なラフファイター」に変貌。

更には仲間である「ミラクル2」を呼び寄せて

肩車した若松に対してミラクルラナ炸裂!

 

そのミラクル2は、2人の暴挙を止めようとするタイガーに

異常な敵意を・・・って

あんたケビンじゃないですかw

 

ダークが負けたのはタイガーのせいだ。

タイガー相手に負傷してなければ、ザ・サードにも勝っていた

と、散々わめいていたケビンですが

こういう形でタイガーに絡んできましたか。

っていうか、タイガーにしてみれば

とんだとばっちりというか八つ当たりというか(^^;;

 

なお初代では、ミラクル3という

力、技、反則の三拍子を備えたレスラーということで

タイガーの前に立ち塞がったわけですが

その正体は力が得意なレスラー、技が得意なレスラー

反則が得意なレスラーがそれぞれ別にいて

3人でミラクル3を演じていたというものでした。

 

しかし今回は、いきなり別レスラーとして2人が登場し

もっと増殖するような事まで言っているのをみると

どちらかといえば「マシン軍団」の方がイメージに近い?

・・・となると

「お前平田だろ!」ならぬ

「お前ケビンだろ!」なんてやりとりがあったり

ビッグフットあたりがマスクをかぶった

ジャイアントミラクル」とかが出てきたり・・・

さすがにないですかそうですか(^^;;

っていうか、モノポリーに対抗するために読んだレスラーが

モノポリーの息のかかったレスラーとか

新日フロントどうなってんのよw

 

そんなミラクル軍団の動きとは関係なく

タイガーの次の相手はマーシャルアーツの達人

「キングタイガー」に決定。

ちなみに初代では、キングタイガーは

虎の穴「幻の三人タイガー」の一人だったんですが

マーシャルアーツではなかったような気もするけど

こうなるとビッグタイガー

ブラックタイガーも出てくるんですかね。


IWGPチャンピオンクラスでないとカードは組めないということで

ザ・サードの出番は当分なさそうですが

「俺が、俺たちがタイガーだ!」

と言わんばかりに虎は次々と出てきそうですw

 

 

次話

前話

広告を非表示にする